お泊りWANKO  [ Perro Dogs Home 預かり日記 ]

イーゴ君の耳


お日様ピカピカ。
僕はポカポカ。



気持ちいいなぁ♪


☆☆☆預かりおばちゃんより☆☆☆

寒がりのイーゴ君はテラスで日向ぼっこ。
暑がりのうちの犬は室内の日陰。

さて、おばちゃんはすっかり忘れていました。
良くないところをまず先にお伝えしなくてはと思っていたのに、忘れていました。



イーゴ君の左耳は変形しています。
根本の辺りが折り畳んだ感じになっています。
そんなに目立つことはないけれど、おばちゃんは出会ってすぐに気付きました。



まず心配したことは、聞こえているのか?
しばらく注意深く観察した結果、聞こえています。
右と左に聞こえの差があるのかは分かりませんが、音にはむしろ敏感な方です。



(右は普通に三角垂れ耳)

保護犬によくあるようにイーゴ君の耳は汚れていました。
そしてまだ汚れるのが少し早いです。
しかしその汚れ方に左右の差はありません。
また確実に耳の中はきれいになってきています。

聞こえている、外耳炎などの病気はない、と分かった時点で
おばちゃんは耳のことをすっかり忘れてしまったのです。
耳の形が少々違うくらい、なんてことはないと思っているからです。
多分、生まれつきだと思います。
だから変形ではなく奇形と言うのかな?
でもおばちゃんは個性だと言いたい。
なかなか個性的なイーゴ君です。

2021年04月10日(土) No.587

遊ぶの大好き!


わっはっはっは〜



なんだコレ変なコレ楽しいコレ〜



いやぁ全くもってすばらしいオモチャじゃないかなコレ!

え、、、、?



君もコレで遊びたいの?


☆☆☆預かりおばちゃんより☆☆☆

イーゴ君は初めからけっこう堂々としていたので、そうは見えませんでしたが、やはり保護当初から1、2週間ほどは新しい環境に戸惑い、緊張して、萎縮して、遠慮していたのかもしれません。
オモチャには見向きもしなかったのに、最近は一日に2回くらい、オモチャを転がして咥えて振り回して放り投げて、楽しくてたまらん!という感じでドタバタ走り回っています。
人との引っ張りっこも好きだし、遊び慣れている様子です。
しかし犬と遊んだことはないのか、ただ遊びたくないのか、うちの犬が一生懸命遊びに入れてもらおうとしても無視しています。
しかしオモチャを抱え込んで離さないとか邪魔されて怒るような素振りはありません。

うちの犬のお気に入りのオモチャを、、、



深夜こっそり一人でガジガジしてました。
可愛い子です。
2021年04月08日(木) No.586

イーゴ君の魅力


☆☆☆預かりおばちゃんより☆☆☆

預かり日記ではまず良くないことの方をしっかり伝えなくてはいけないので、これまで、散歩が大変だった、あんまり我慢ができない、ウンチ食べるとか、それはちょっとヤダワということを書きました。
しかしイーゴ君にはそういった負の部分を補って余りある魅力がたっぷりあります。

まずは一目瞭然、、、



容姿端麗です。
長い脚、美しくカーブを描くしなやかな体、可愛いお顔。
イーゴ君と歩いているとよく、可愛い!きれい!と声をかけられます。
(101匹ワンちゃんだ!が一番多いけれど)

それから、、、



イーゴ君には言葉が通じるんです。
もちろん日本語の全てを理解する訳ではありませんが、人の言うことに耳を傾け、理解しようとする気持ちがあります。
お座り、お手、おかわりなどはすぐに覚えてしまいましたし、お散歩中や排泄のコマンドももう理解しているはず。
イーゴ君にとって理解するのと従うのはまた別のようですが、人と言葉でコミュニケーションを取ることができる犬と過ごすのは楽しいものです。

それからそれから、、、



イーゴ君はものすごい甘えん坊です。
家族みんなによく懐いていますが、特にお世話係のおばちゃんがお気に入りのようで、家事の間はついて回り、おばちゃんが座ればいつでもすぐ横にいます。
そしてただ隣に座るだけでは足りず、撫でてほしい、そして抱っこしてほしい、と甘えます。
撫でればうっとり、抱っこすれば長い体を丸めてスヤスヤ寝てしまいます。
これはもうたまらんです。

他にもたくさん魅力がありますが、また今度。

こちらは、、、



ダルメシアンを保護するにあたり、いろいろ調べた時に見つけたグラフです。
イーゴ君もだいたいこんなものかなぁと感じています。
これはきっと全犬種を比較したものだと思いますが、もし大型犬だけでこのグラフを作ったら、イーゴ君の数値はもっと高くなりそうです。
大型犬♂にしたらとても友好的だし、訓練も一応受け入れるし、初心者さんだって頑張れば全然無理じゃない。
お散歩についてはまだまだ改善の余地ありで、イーゴ君なら一緒にいろんなところにお出かけできそうです。






2021年04月07日(水) No.585

イーゴ君のおトイレ事情


僕、男イーゴ5歳。
外に出たらマーキングに命かけてるんだ。
というのは大げさだけど、まぁとにかく一生懸命、
ていうか必死?にマーキングしてるよ。



マーキングした後は後ろ足でケリケリして、拡散!



僕は縄張りが欲しいのか?彼女が欲しいのか?ただなんとなくか?
理由は自分でもわからないけど、これまでずっとそうしてきたから、
おばちゃんにしつこくダメダメ言われても、そう簡単にはやめられないよ。



ちなみにテリトリー内、預かり家の庭でも足はしっかり上げるよ。
ってことはもちろん、、、



室内トイレだって足上げスタイルだよ。



☆☆☆預かりおばちゃんより☆☆☆

愛護センターに迎えに行って、イーゴ君に初めて会った日、
おばちゃんは足におしっこをかけられました。
それからイーゴ君は目に付くもの全てにマーキング。
散歩中も始終マーキングすることばかり考えているようなので
くんくん臭いとりはさせずにグングン歩きます。
山道などでは好きにクンクンさせて、マーキングも許しています。
20日間で、少しマーキングの回数は減ったように思います。

室内トイレの認識はあるようでしたが、トイレ以外にも満遍なくマーキング。
だからしばらくの間はオムツをさせていました。
今はもう、室内ではトイレ以外でおしっこはしません。
しかし住む場所が変われば、また一からやり直しかもしれません。

ちなみにトイレの場所は部屋の隅が良かったのですが、
食卓のすぐ横、テラスへの出入り口の窓の前です。
イーゴ君がここに決めました(涙)。

ウンチの方は散歩でもしますが、なるべく我慢しているようです。
誰も見ていない時にトイレシートでするのがいいようです。
そして、、、
そのウンチを食べます。
隠しておく訳にはいかないので言っちゃいますが、食べます。
そういう子、保護犬にはそんなに少なくもないんですよ。

食べさせないためには、すぐに片付けるしかないのですが
ほんの少し目を離した隙にしてるんです。
明らかに人の目のない時を狙っています。

3日に一度くらいウンチ食べてますが、イーゴ君は元気です。



2021年04月05日(月) No.584

新事実?!


お花?



桜?



知らないなぁ。
僕は見てないなぁ。



さぁ!どんどん行こう!


☆☆☆預かりおばちゃんより☆☆☆

イーゴ君とあちこちお花見に行きましたが、彼にはただのお散歩だったようです。

さて、イーゴ君がわが家にお泊まりして20日。
新しくわかったことや、イーゴ君が慣れて保護当初とは変わったことがあります。 

イーゴ君は人間の食べ物をよく知っているようで、特におやつを食べていると欲しがって吠えたり、テーブルや人の肩に手をかけて、無理やり貰おうとします。
無視し続けていたら諦めたようで、食卓にへばりつくことはもうなくなりました。

人が好きで、いつもぴったり寄り添いたいところは初めからですが、好きだからと言ってなんでも受け入れるわけではないことがわかってきました。
オムツを装着する(排泄についてはまたいつか)、目や歯やお尻を拭くなどいやなことをされる時に、イーゴ君は少し怒ります。
シャッ!と歯を出し、たまにその歯をおばちゃんの手に当てます。
落ち着いてコラ!とたしなめ、怯まずに動作を続ければ、諦めて受け入れます。
何がなんでもイヤなことは阻止するというほどの気持ちはないようですが
できることなら避けたいから一応アクションしておくという感じです。

どちらもおばちゃんにとっては大きな問題とは思いませんが、放置すれば大きな問題になるかもしれないものだとは思います。
イーゴ君は、自分の思い通りにしたいという気持ちが少し強めのようです。
これまでそういう風にやって、思い通りになっていたからかもしれません。
大きくて力の強いイーゴ君は我慢が必要なことを学ばなくてはいけません。
そのためには家族全員が一貫した態度で接する必要があるでしょう。


しかし、ガツンと叱られても、耳掃除などのイヤなことをされても、一瞬だけシュンとして、一瞬で復活し、また好き好き大好き!としっぽブンブンでお口ペロペロのいつものイーゴ君に戻ります。
クールな、時に深刻そうにも見えるルックスのイーゴ君ですが、そんなに難しいことは考えていないように見えます。
おばちゃんには、甘ったれな可愛い可愛い坊やです。

2021年04月03日(土) No.583

お散歩大好き!


僕はお散歩が大好きなんだ。



好きで好きで大好きで、お散歩時間が近づくと
ソワソワバタバタしちゃうよ。
リードを付けて外に出たらもう嬉しくて
ビュンビューンとダッシュ、、、しちゃいけないって
何度も教わったから頭ではわかっているんだけど
ついつい力一杯グイグイ引っ張っちゃう時もまだあるんだ。



しばらくしたら落ち着いて、おばちゃんと並んでテクテク。
でも気になるニオイを見つけたら、グイ〜っと引っ張って
勝手にクンクンしまくっちゃう時もまだあるんだ。



あ、それから僕は、、、



マーキングしまくるよ。
これもやっちゃいけないって教わったけど、でもなぁ。
僕、男だからね。これまでずっとそーやってきたからね。


☆☆☆預かりおばちゃんより☆☆☆

イーゴ君は本当にお散歩が好きで、楽しくてしょうがないようです。
長い脚をグングン前に出し、細いシッポがブンブングルグル回っているのを見ると、こちらまでワクワク楽しくなってきます。
外の世界が物珍しいという感じはありませんが、あまりお散歩はしていなかったようで、肉球はピンクで柔らかくプニュプニュでした。
お散歩マナーは全くなっておらず、進みたいように進み、嗅ぎたいものは全部嗅ぐという具合で、めちゃくちゃでしたが、だいぶ上手に真っ直ぐ前に進めるようになりました。
しかしのんびりゆったり、景色を眺め、時に見つめ合って笑い合うなどというほんわかしたお散歩とは程遠く、とにかく進む、ひたすら進む。
真っ直ぐ進むため、マーキングさせないために今は非常に速く歩いています。

そしてイーゴ君は、その細い体のどこにそんなにパワーがあるのか不思議ですが
引く力はとても強く、そして体力は底なしです。
たっぷり2時間、速歩でアップダウン多めの散歩をして、おばちゃんがヘトヘトフラフラになっても、イーゴ君は息も上がらず2時間前と同じ元気でヒュンヒュン飛ぶように歩きます。
物の本に、ダルメシアンの体力は底なし、とあったのに、深く納得しました。

たくさん歩きたい人にはとても良いパートナーになるはずです。
そして一緒に歩けば歩くほど、気持ちが通じ合い、さらに良いパートナーになれます。

2021年04月02日(金) No.582

はじめまして!


はじめまして!




僕はイーゴといいます。
今、僕はいろいろお勉強してるんだよ。
お散歩マナーとか、お家での過ごし方とかね。
頑張っているから、僕はきっと良い家族になれるよ。応援してね!
2021年03月27日(土) No.581

幸せになりました!


僕、家族ができたっす!



新しいお家でもチーチーやっちゃってるんす。
お散歩ではズンズングイグイやってるっす。
お母さんは優しいから僕に付き合ってくれるんす。
お母さんを困らせないよう、これからいろいろ頑張るっす!
応援、ありがとうございました!
2020年10月26日(月) No.576

カン太君の命綱


やっぱりお散歩は最高っす。
僕はどんどん進みたい方だから
ついついグイグイ引っ張っちゃうんす。
そうするとおばちゃんがクイっとするっす。



ハーネスじゃなくて首輪に付いてるリードを
クイっとされると、お⁈と我に返るっす。
そんでまたおばちゃんに合わせて歩くんす。

クイっとされるのは嫌なんで、なるべく合わせるけど
まだたまに我を忘れてグイグイやるんす。



道路ではどんどん進むけど
公園とか広場とかではクンクンもするっす。



まだクンクンの方はよくわかんないんす。
どこら辺をどう嗅げばいいのかイマイチ。。。



お散歩は奥が深くて楽しみが尽きないっす。



☆☆☆預かりおばちゃんより☆☆☆

お散歩でも脱走防止のためリードを2本付けています。
ハーネスに付いたリードの方が短く、主体はこちらです。
首輪も2本しています。
名札用に普通の首輪を付け、万が一の時のために
絶対に抜けないチョークタイプの首輪をして
こちらには長めのリードを付けています。

この金属製の首輪のリードはクイっと引くと
ガラガラっと音がするので、歩く速さを教えるためにも便利です。
ただしチョークタイプは際限なく締まるので、少しコツが要ります。

おばちゃんは、お散歩バックは肩掛けにして両手を空けて
利き手にチョークタイプの方のリードを持って
カン太君が急ぎ過ぎている時にはクイっとやり、
もう一方の手にハーネスのリードを持って歩いています。

カン太君はもうリードをほとんど張らずに上手に歩けるようになりました。
しかし止まるのがまだ下手で、なぜかクルクル回ってしまいます。
2本のリードがグルグルにならないために
おばちゃんも一緒にクルクル回っています。
ちなみにいつも反時計回りです。
カン太君とのお散歩は、そんなこともなんだか楽しいのです。
2020年10月16日(金) No.575

困るカン太君


ここは、、、



道じゃないっす。



草がボーボーで歩けないんす。



草が邪魔っす。
あーもー!



草ってヤツは、このこの〜!



☆☆☆預かりおばちゃんより☆☆☆

カン太君は道なき道は、行きません。
草むらに突っ込んだり、崖を登ったり、溝に降りたり
いろいろ楽しんでもらおうと誘導するのですが、
いつもとても迷惑そうです。
前に続く道をひたすらどんどん進みたいようです。
2020年10月14日(水) No.574