お泊りWANKO  [ Perro Dogs Home 預かり日記 ]

強い子マリちゃん


ふむふむ、クンクン、ふんがふんが・・・
今日もあたしはニホヒ研究に余念がありませんの。


あんまり夢中になって研究してたもんだから・・・


わぁっ!



うっかり溝に落ちてしまいました。
でも・・・


溝の中から見る世界も、これまたなかなか。



とにかく研究が忙しいので、あたしはこれにて失礼します〜。




****預かりおばちゃんより

マリちゃんは無謀な性格ではありませんし、無神経な子でもありません。
良く言えば、小さなことにこだわらない大らかな女の子です。
ぶっちゃけ、ちょっとおっちょこちょいですっとこどっこいなかわい子ちゃんです。


↑の写真にある溝にはわが家のラブラドールもしょっちゅう落ちています。
かつての預かりワンコたちの中にも落ちた子はいます。
しかし1度落ちた子は、2度と落ちませんでした。

15センチほどの深さですから、落ちても何ということはありませんが
やはり突然視界が変われば、多少は衝撃を感じるはずですから
「普通の子」は2回目からは慎重になるのです。

しかし・・・ラブラドールの血はそのような「些細なこと」を気にする
ようなヤワなものではないのでしょう。
マリちゃんは、わが家の近くの「犬が落ちそうな溝」には
ことごとくはまっています。そして何度でもはまっています。
また「犬がぶつかりそうな塀やポール」にもお約束通りぶつかってくれます。

もちろん安全確認はしっかりとしていますが、お散歩中に
「このまま行くと、あのポールにぶつかるかも?」と期待して(!)
ドキドキする楽しみがあります。また期待はたいてい叶えられます。

大きな音をたてている建設現場やサイレンを鳴らしながら走る車
子供のあげる甲高い嬌声などなど、マリちゃんは全く動じることがないので
どこでもいつもご機嫌で楽しく歩けます。
また先日はかなり派手に雷が鳴りましたが、いつもと変わらず
ウロチョロウロチョロ動き回っていました。

マリちゃんは強い子!



あわわっとぉ!



そして、面白い子!
2011年06月29日(水) No.197

マリちゃんと遊ぼ!


ふんふふ〜ん♪
おもちゃは楽しいなぁ〜!誰か一緒に遊ばないかな〜?




おもちゃがほしけりゃ、とってもいいのよ〜ん♪




おばちゃん、遊んでください♪




****預かりおばちゃんより****

マリちゃんはおもちゃが大好きで、1人でも楽しく遊べます。
というか、最初は1人でしか遊べませんでした。

引っ張りっこをしようと思っても、すぐに「はいどうぞ」と離してしまうし
モッテコイをしようと思っても、投げたボールを追いかけない。
どうやら人と一緒におもちゃで遊んだことがなかったようです。

おばちゃんはお世話係兼教育係なので、預かりワンコはおばちゃんと
一緒に遊ぶというのは、どうも最初は気がひけるようなのです。
そこで活躍してくれるのが預かり家の長女(小6・親には反抗気味)です。
もう背の高さは大人並みですが、ワンコにはまだ子供だというのがわかるのでしょう。
子供同士はすぐに心が通じ合い、ロープを咥えてブンブン首を振ったりして
人を相手に上手に引っ張りっこができるようになりました。

それからのマリちゃんは、暇さえあれば「誰か遊ぼ!」とおもちゃを咥えて
練り歩いています。しかもマリちゃんはたいてい暇なのです。
先住犬(7歳と9歳)は「子供とは遊ばないよ」と相手にしてあげません。

結局一番脈がありそうなおばちゃんのところにおもちゃを持ってきて
↑のように、かわいくオスワリをして誘ってきます。

マリちゃんがいると、家事がはかどりません。







こちらにもマリちゃんがいます。
2011年06月23日(木) No.196

お散歩は楽しいねぇ♪


あらっ?これは何のニホヒかしらん??




ちょ、ちょちょちょっとニホヒを確かめなくちゃ。
やだ、なに?首が引っ張られる感じがするけどぉ?
これじゃ落ち着いてニホヒを分析できないじゃない!
えいっ!とあぁ〜〜!!




うん、これでゆっくりニホヒ研究ができるわ。




****預かりおばちゃんより****

初めてマリちゃんとお外を歩いた時の感想は・・・
「いったい何をどうしたいのかさっぱりわからん???」でした。
マリちゃんは地面をクンクンするでもなく、ただアタフタと
おばちゃんの後を右に左に忙しなく動き、リードを絡ませるばかりだったからです。

特に怯えた様子はなかったので、まさかお散歩をしたことがないのだとは
思いませんでしたが、最近の様子と比べて当時を振り返ってみると
リードをつけてお外を自由に歩いたことがほとんどなかったのではないかと
思い当たることがいろいろあります。
例えば階段を降りる様子が非常に不自然でした。
体をできる限り低くして、這うようにゆっくりゆっくり降りていました。
また大通りでトラックやバスなどを見たときには少し怯えていました。

しかしたった10日ほどで、お外が大好きになり、
どこでも自由闊達に振舞えるようになりました。
リードをピンピンに張って、前へ前へと力一杯進んでいきます。
今では階段も飛ぶようにひょいひょいと降りられます。

そしてとにかくそこらじゅうをクンクンクンクン楽しそうに嗅いでいます。
今のマリちゃんは、字を覚え始めた子どもが本に夢中になっているような感じなのかもしれません。
とっても楽しそうに、そしてとても必死にクンクンしています。
特に気になるにおいは↑の写真のように、座り込んでじっくり嗅いでいます。
お散歩マナーとしてはアウトなのでしょうが、マリちゃんは意地になっているわけでも、
反抗的になっているわけでもなく、ただ夢中になっているだけのようです。
声をかけてリードをクイっと引くと、ふと我に返ったように立ち上がり
素直に前に進み始めます。

今は1回のお散歩のうち、真っ直ぐ歩く練習をするところと
好きなようにクンクンするところに分けています。
まっすぐ歩く練習は・・・まだかなり難航していますが
ゴールが全く見えないというほどではありません。
なぜなら、マリちゃん!と呼べば・・・・


なぁに?



何度でもちゃんと振り向いてくれます。
つまり人の呼びかけを聞く耳は、ちゃんと稼動しているんですよ。

マリちゃんとお外を歩くのはとっても楽しいです。
およそのワンちゃんにも友好的に振舞うことができます。
(時に友好的過ぎて相手がひいてしまうこともありますが)
人に対しては老若男女誰にでもニコニコと積極的にご挨拶に向かいます。
特に小さな子供は大好きなようです。
人のいない公園ではリードを長くして、跳んだり転がったりプロレスごっこをして遊びます。

何をしてもノリノリで大喜びしてくれるので、こちらもやりがいがあります。
しかし一緒になって遊んだり走ったりしていると、ヘトヘトになります。
家に帰ってから疲れて何も手につかない、
なんてことにならないよう気をつけないといけません。



2011年06月18日(土) No.195

たま〜には悪い子マリちゃん。


きゃ〜〜!!ヤバイの!



ヤバイ時は逃げるに限るの。



・・・ごめんなさい。




****預かりおばちゃんより****

聞き分けの良いマリちゃんですが
1週間くらいどうしてもやめられなかったことがあります。
それは「靴運び&アムアム」。

玄関に出ている靴を咥えて、部屋に置いてある座布団のところに持ってきて
アムアムと噛んで味わうことが、どうしてもやめられませんでした(笑)。
2,3度叱れば、してはいけないことだというのは理解するので
「あぁ?なにやってるの〜?」と低めの声で言うだけで
咥えていた靴をポトっと落とし、体を低くしてサササ〜と逃げます。
「何これぇ?」と追いかけると、ちゃんと玄関に向かい↑のようにフセして
『申し訳ありませんでした』という気持ちを全身&表情で表します。
そんなことされるとこれ以上は叱れないのですが
でも1時間もするとケロっとしてまたやってました。

ワンコにとって靴はすごく魅力的なんでしょうね。
ちなみに、マリちゃんは優しくアムアムするだけなので
ヨダレで少し湿っていた程度で靴は全く破壊されていません。
また最近はもうやりません。

最近のブームはゴミ箱に顔を突っ込むこと。
これもしてはいけないともうわかっているので、
おばちゃんにみつかりそうになるとサササ〜と逃げます(笑)。
顔を突っ込んで少しペロペロする程度で、今のところは
ゴミを引っ張り出したり、食べたりすることはありません。

マリちゃんは、ちょっと叱られただけでシオシオと凹んでしまうので
喚いたり(?)叫んだり(!)しなくていいので、とても楽です。
反対に叱り過ぎないようにすることを気をつけないといけないでしょう。
2011年06月16日(木) No.194

おもちゃ大好き、偉い子マリちゃん


あたし、おもちゃが大好きなのよ!


特にこの骨のかたちをしたおもちゃが好きで、いつも持ち歩いてるのよ。
咥えてると、なんだかとってもウキウキしてきちゃうわ。

歩き回ってみんなにおもちゃ自慢した後は、腰をすえて遊ぶの。
一心不乱にガジガジしてると、もっとどんどん楽しくなってきちゃうのよ。
そうすると・・・

ごろ〜んと転がっちゃうの!


手で押さえて咥えたり落としたり、右に左に転がりながらドッタンバッタンするの。
そのうち・・・


だんだん眠くなってきちゃうのよ。



眠くなったら寝ちゃうの。



****預かりおばちゃんより****

マリちゃんはおもちゃが大好きです。えんえん1人で遊んでいます。
ボール状のものは放り投げたり(もちろんお口で)、転がして追いかけて飛び掛ってみたり
ひも状のものは噛み千切ったり、振り回したり、引っ張りっこをしたり
棒状のものは噛んで噛んで噛みまくる!
どのおもちゃでもとっても楽しそうに遊んでいます。

マリちゃんは飽きっぽいというのではなく、次から次へと目移りするらしく
おもちゃの入っているカゴの中身を全部取り出して、一つずつ片っ端から
咥えて、ちょっとずつ遊ぶのがお好みです。
そうすると、当たり前ですが部屋中におもちゃが散らばるわけです。
だから1日のうち数回しかすべてのおもちゃ使用OKにはしません。
たいていは1,2個を与えて、あとのおもちゃはカゴにしまって棚の上に。

で、マリちゃんの賢いところ&偉いところなんですけど。
棚の上といっても、大人の腰の高さなのでマリちゃんには丸見えの場所ですし
手をかければすぐに取れるところです。
しかし「棚の上=今はダメ」というのがよくわかっているマリちゃんは
無理やり取ろうとは決してしません。
おばちゃんがカゴを下ろして「はいどうぞ」と言ったときに
おもちゃ大フィーバータイムが始まるのです。

マリちゃんは万事に置いてそんな感じです。
輝く歯の白さや、フニャフニャした体、耳の柔らかさ、他の犬への接し方から見ると
マリちゃんは1歳になったばかりくらいではないかと思うのですが
理解度の高さ、聞き分けの良さ、自制力の高さなどは分別のある(?)大人並みです。

今は「おばちゃんに置いて行かれちゃかなわん!」と
ついて回っているので、たいていいつもハァハァ興奮していて
こちらの言うことを聞いているのか聞いていないのか
ちょっと判別しづらいのですが、2,3回注意すれば理解し
それを守っているので、ハァハァしながらもちゃんと聞いているようです。

例えば、2階には行ってはいけない、トイレの水は飲んではいけない、
お風呂に入ってはいけない、リードをつける時はオスワリなどなど・・・
ほんの些細なことですが、そこを守ってもらえると、おばちゃんは非常に楽です。

常にテンションが高く、ハァハァしながら走り回っていますが
わが家のルールを理解し、守ってくれるようになったので
たったの1週間ほどで、最初とは比べ物にならないくらい楽になりました。
おトイレももう完璧だしね♪






こちらにもマリちゃんがいます。
2011年06月15日(水) No.193

食とハードマウスについて


あたし、食べ物を前にすると犬が変わるんです。


犬が変わるっていうか、我をなくすっていうか・・・
とにかく全く制御のきかない状態、いわゆる大パニックってやつ?

今はとっても痩せてるから、パピー用の高カロリーフードを食べてるんだけど
あたしのお腹も気持ちも全然満たされないの。



トイレトレーニングとか他のいろんなトレーニングでご褒美のおやつも
けっこうもらっているんだけど、でも満たされないの。

食べ物を前にしても落ち着いていられる女の子にならなくっちゃね。
ま、あたしは食べ物がなくても落ち着いてはないんだけどね、うふふ。



****預かりおばちゃんより****

1日2回の食事の用意(ドライフードを盛るだけ)が始まると
マリちゃんは、力一杯ギャンギャン吠え続け、垂直ジャンプを繰り返し
走り回り・・・まるで狂ったようになります。


預かり宅でのワンコの理想のお食事マナーは・・・
 屮魯Ε后廚離灰泪鵐匹妊院璽犬貌る
◆屮スワリ」が出来たらケージにフードボールを置く
しばし「マテ」
ぁ屮茱掘廚膿べ始める

今、マリちゃんはほとんどできていません。
,鬚笋辰藩解し、家中走り回った後にやっとケージに飛び込みます。
△任魯泪蠅舛磴鵑亮麥悗鬚っちり掴んでいるのですが
フードボールを置いた途端、オスワリではなくフセのまま匍匐前進で
無理やりボールに向かい食べようとします。
かよわいおばちゃんの力ではとても制止できませんので
マリちゃんの口がフードに届く前にとい鯊海韻兇泙冒畍でシャウトします。
「マテヨシ!」
全く耳に届いていない様子。かなり虚しい感じ。


(器に顔をぶつけるようにして食べるので、
小さな器だとフードの大半が飛び散ってしまいます。)


それでも最初の頃は、おばちゃんが胸の高さに持ったボールをめがけて
ジャンプして飛びつき、ハウスの意味がわからずさらに興奮して泣叫び、
先住犬のフードボールに突進し、水をひっくり返すという具合に
もっとめちゃくちゃでしたから、ずいぶん進歩しました。

おやつをあげる時にも、パニック状態のままおやつを差し出せば
かならず手ごとガップリ食べられます。何度か痛い目に合いました。
やはりオスワリさせ、落ち着かせてからヨシのコマンドで食べさせるように
練習し、こちらはだいたい出来るようになりました。



(食べ終わればすぐにまたいつもどおりの
ただちょっとだけ落ち着きのない女の子に戻ります。)

ラブラドールの食いしん坊は有名ですが、ラブの血だけでなく
これは飢えた経験から来るものだと思います。ちょっと異常な様子でした。
しかしどんなにパニックになっても、人に対して攻撃的になることは
けっしてありません。ただただ食べ物しか見えていない状態で
「食べたいのに口に入らない〜」とパニックに陥るばかり。

普通のラブ並み(目標は常に低めで)に楽しく美味しく
お食事できるよう、試行錯誤しながらマリちゃんと頑張ろうと思います。





2011年06月12日(日) No.192

おトイレについて


ク〜〜〜ク〜〜〜ク〜〜〜




あらっ失礼!



あたしったら、もうすっかりくつろいじゃって
夜みんなが寝始めるとあたしもこんな風にして寝てるのよ。
おばちゃんが寝る時にはケージに入れられちゃうんだけど
ここ3日ほどは泣いたりしないでケージの中でも静かに寝てるの。
朝はおばちゃんが起きる10分前くらいからモゾモゾして
鼻をキュンキュンさせて、ケージをガシャガシャさせて・・・
目覚ましが鳴ると同時にキュオ〜〜ンって叫ぶのよ。
そうするとおばちゃんが飛び起きて走ってくるわ。

あたしはとっても優秀な目覚ましガールだわね♪


あ、それから↑の写真でお腹がツルツルなのは不妊手術の名残よ。
今日、無事に抜糸も終わったから、あとは毛が生え揃うのを待つばかり。



****預かりおばちゃんより****

マリちゃんが今までどういう生活をしていたのかわかりませんが
室内のトイレシートは全く認識していませんでした。
家の中、車の中、どこでもかまわずジャージャーブリブリやりたい放題でした。
常に興奮状態で喉がカラカラになり水をがぶ飲みしていたので
回数も排出量もかなりのものでしたし、ウンチは少し緩めでした。

一応トイレは出してありましたが・・・・


(あらま、貧乏臭い細切れシートが丸見えだわ)

このスーパーワイドサイズ(90×60)にヒットすることはほとんどなく
1日目と2日目はウンチ&おしっことの闘いだったと言っても過言はないでしょう。

これはもうダメかもしれないと思い始めた3日目あたりから
数打ちゃ当たるの法則で、何度かシートでもするようになりました。
なんと1日に30回くらいおしっこをするので、トイレトレーニングのチャンスはたくさんありました。
トイレの設置場所は、初めは部屋の隅ソファの陰に置いていたのですが
窓の前ですることが多かったので、トイレもそちらに移動しました。

そして現在・・・・



トイレシートの成功率は、ウンチもおしっこもほぼ100%です!!
素晴らしい!!
相変わらず回数は多いのですが、量は減ってきましたし
真ん中的中率も上がったので、シートも半分くらいの大きさで充分です。
室内トイレシートは完全にマスターしたようです。
また、ここ2,3日で庭でもできるようになりました。

しかし!
マリちゃんはお散歩中にはけっして排泄しないのです。
1時間くらい歩いてもしません。家の中では15分に1回くらいはしているので
明らかに意識して排泄していないのです。
お散歩から帰ると大急ぎでトイレシートに向かいます。
おそらくお散歩の経験が乏しく、外では緊張し、慎重になっているので
排泄しないのではないかと思います。
慣れてくればきっとお外でも気持ちよくできるようになるでしょう。





こちらにもマリちゃんがいます。
2011年06月10日(金) No.190

一週間の変化


あたしがこの変なお家にきて、今日でちょうど1週間なんだけど
ここのおばちゃんが言うには、あたしはずいぶん変わったんですって。

まずあたしの第一印象は「とにかく落ち着きがない!」だったらしい・・・




「テンション高め」なんていうのは軽く超えて、常に興奮状態。
一時もじっとせず、あっちにウロウロこっちにドタバタ。
お口は開きっぱなしで、舌は出っぱなし。





目は充血して、息が上がってハァハァしちゃって、喉はカラカラ。
だからお水をガブガブ飲んでたのよ。
飲んでる間も落ち着かなくって、お口からお水をダラダラこぼしながら
走り回ってたの。(それは今も同じだけどね)





おばちゃんに「目が回るからちょっとじっとしてよ〜」って頼まれたけど
自分でもどうにも止まれなかったの。
どこにどんな風にどんな顔して止まればいいのかわからなかったんだもん。
だからあたしはケージに入れられない限り、ず〜っと動き回っていたのよ!


1週間たって・・・
だいぶ落ち着いてきたと思う。
人がみんな席に着いたら、あたしもフセして休むことができるようになったから。

でもあたしはまだ元気いっぱいの若者だから
そう長くはのんびりもしていられないのよ。
動き回るのが好きなの。元々けっこう落ち着きのない子なの。



****預かりおばちゃんより****

マリちゃんがわが家にきて3日ほど、ケージの外では動きっぱなしでした。
回遊魚みたいな子だなぁと思いましたが、不安で落ち着かない心持ちが
そのまま行動に出ていただけだったようです。
今では部屋の真ん中で寝ていることもしばしばあります。
しかし基本的には「動きたがり」の落ち着きのない子です(笑)。

また初日は食卓にはガンガン手をかけ、口が届く範囲の食べ物は
すべて食べようと張り切り、トイレの水を飲み
ガラス窓に激突し、網戸を突き破ろうとし、人には思いっきり飛びついていました。
おそらく家の中で生活するのが初めてだったのでしょう。
何も知らなければ当然の行動です。

しかし何度か注意すると、食卓に手をかけることはいけないことだと
理解し、全くやらなくなりました。食卓の上の食べ物も狙いません。
窓と網戸に関しても「突き破るもの」ではなく「開けてもらうもの」だということが早々に理解できたようです。
トイレのドアは「閉めるもの」だということは人間の方が学びました。


人への飛びつきに関しては、まだ訓練中です。
いけないことだとは理解しているようですが、嬉しくて我慢できない様子。
と言っても、走ってきて体当たりするようなタイプではなく
胸に手をかけて近づきたいというソフトな感じなんですけどね。
かわいいんですけどね。やっぱりだめですね。

たった1週間ですが、マリちゃんの学習能力の高さに驚いています。
しかしやっぱり基本的には落ち着きのない子ですけどね。




2011年06月09日(木) No.189

マリでっす♪


みなさん、はじめまして!あたしはマリっていいまっす♪


本当の家族が見つかるまで、あたしはしばらくここにお泊りすることになってるみたい。
まだ右も左もわからないジャクハイモノですが
みなさん、どうぞよろしくおねがいしまっす♪

2011年06月08日(水) No.188