お泊りWANKO  [ Perro Dogs Home 預かり日記 ]

ジェラシー善吉くん




僕の大好きナンバー1は、おばちゃん。
そしてナンバー2は、黒い姉ちゃん。
だから・・・




ナンバー1とナンバー2がいちゃいちゃしているのは
僕にとって、何よりも辛いんだ。。。




僕が入り込む余地は全然なさそう。。。







****預かりおばちゃんより****

最近の善ちゃんは、ちょっとやきもち妬きです。
先住犬が甘えているところに割り込こめば
おばちゃんにガンガン叱られることはもう十分わかっているので
ジトーっと睨みつけ、たまにキュンキュン鳴き、たまーにバオンバオン吠えて
切ない気持ちをアピールしています。
かわいそうですが、預かり宅の平和を守るため善吉くんには我慢してもらっています。
2014年09月29日(月) No.417

アイコンタクト




これまでのお食事マナー「オスワリしてマテ〜、ヨシ!」にもう1項目やることが増えちゃったんだ。
マテの間、おばちゃんと見つめ合わないといけないんだけど・・・




僕にはちょっと無理!
ご飯をガン見したいところをぐっと我慢して、横目でジトー・・・、たまにおばちゃんの顔をチラリ。
とりあえず今はそんな感じで勘弁してもらってるんだ。


****預かりおばちゃんより****

普段の善吉くんはアイコンタクトはまぁまぁちゃんとできます。
改まって、かしこまって見つめ合うのはちょっと苦手みたいですが
何かしてほしい時(お散歩や遊び)、何かがほしい時(おやつやおもちゃ)には
キラキラした目でおばちゃんを見つめるので、どうしてもアイコンタクトが辛いというタイプではありません。

えぇっと・・・アイコンタクトのお話なのですが、善吉くんのオモシロ顔に笑っちゃって
お話が頭に入らないのではないかと思います。
なんか、すみません。。。
2014年09月25日(木) No.416

善吉(ぜんきち)くん大変身!


今年の夏は本当に暑かったよね。
エコライフなんてそっちのけで、僕のためにクーラー設定温度21度にして
家族のみんなは寒さにガタガタ震えてたんだけど・・・




僕はそれでもまだ暑くて扇風機の前に陣取って、さらにまだハァハァしてたんだ。
だから・・・







さっぱりしました〜!
ふふふ、まるで別犬でしょ?
裸ん坊の僕はこんな感じなんだよ。かっこいい?




ちょっとライオンみたいでしょ?かっこいいでしょ?
おばちゃんは・・・




「しめじみたいだね」って大笑いしてるけど。



****預かりおばちゃんより****

善吉くんがサマーカットをしたのは実はずいぶん前のこと、8/18なのです。
予想以上に面白いことになって、おばちゃんは大笑いの大喜びだったのですが
モフモフの善吉くんがかわいくて人気があったので、公開することをためらっておりました。
特に「わさお君」と呼んでかわいがってくださった方々には何だか申し訳なくもあり。。。

しかしばっさりカットしたことにより、洗っても落ちなかった頑固な糞尿臭はなくなり
皮膚に何か所か掻き壊しのようなものがあったのですが
風通しがよくなって、1か月たった今ではすっかり改善しました。
何より善吉くんのハァハァがやっとおさまり、快適になったようで活発になりました。

トリマーさんには一度カットすると毛質が変わるかもしれませんと言われましたが
どうやらそのようなことはなく、まっすぐなフワフワ毛が2センチほど伸びて、
今はちょうど普通の秋田犬のような感じになっています。
しかし1か月間撮りためたオモシロ写真がありますので、しばらくは「しめじ善吉」をお楽しみください。

2014年09月20日(土) No.415

善吉ライフ45日間


おばちゃんはたまに、僕を抱っこして無理やりひっくり返すんだよ。




僕はひっくり返されるのは絶対に我慢がならないんだ!
だから・・・




大暴れするよ。
全身をくねらせ、手をブンブン振り回して、脚はケリケリケリケリ。

でもいくら暴れたって、おばちゃんに歯を当てるようなことは絶対にしないよ。
僕はそういうことはしないんだよ。



****預かりおばちゃんより****

善吉(ゼンキチ)くんがわが家にお泊りして、45日が過ぎました。
善吉くんはずいぶん変化、成長しました。

まず一番の懸案事項だった「甘噛み」はほとんどなくなりました。
おばちゃんとおじちゃん、また動物病院やお散歩中に出会う人に甘噛みすることはもう全くありません。
しかし預かり宅の娘(人間15歳)にだけは、楽しい気分が盛り上がると、たまにガブガブしてしまうことがあります。
子供の發ぅ謄鵐轡腑鵑閥μ弔靴浸には自制がきかないのかもしれませんし
もしかしたら叱りそうにない相手だと判断して甘噛みするのかもしれません。

第2の目覚ましい成長は、何と言ってもトイレマナーが完璧になったことでしょう。
これはお世話する者には大変ありがたいことです。

第3の変化は、最初は出会う人、視界に入る人誰でも同じくらい大好き!という感じでしたが
今はお世話係おばちゃんがダントツ一番大好き、次が遊んでくれる娘、3番目にたまにお散歩に行ってくれるおじちゃん。
家族以外の人は、以上3名のずーっと後ろの方に控えられたようで、和犬らしい家族思いのワンコになってきました。

おばちゃんに対する甘えん坊ぶりは大変なもので、トイレ待ちお風呂待ちは当たり前。
大きな体で始終ついてまわり、おばちゃんが座ると首を下げて頭を押し付けるようにして甘えます。
手でおばちゃんをチョイチョイしたり、脇腹の辺りでぶつかってきたり、後ろ向きになって膝に乗ったり。
もちろんペロペロ攻撃もものすごく、次から次へとあの手この手で「好き好き」を伝えようとします。
「この気持ちをどうしたらいいの!」と、もてあましているようにも見えます。


いろんなものを引っ張り出してきて噛んで壊しますし、壁・階段・ソファ・テーブルなどもずいぶん齧られました。
先住犬にちょっかいをかけて騒動を起こしますし、時々大きな声でワンワン吠えます。
小型犬に比べたら、散歩量もご飯の量もウンチの量も多いです。力も強いです。
しかし善吉くんとドタバタしている毎日の楽しいこと楽しいこと!
善吉くんの体当たりの愛情と、こちらからもとめどなく溢れる愛情がぶつかり合う毎日の幸せなこと幸せなこと!

まだ子どもで、ちょっと手のかかる善吉くんですが、手をかけるに余りある喜びと楽しみと幸せを与えてくれています。
ワンコって素晴らしい!と毎日再確認しております。


次回からは「善吉くんステージ2」スタート。
とんでもない(!)大変身をお見せいたしますので、楽しみにしていてくださいね。


2014年09月16日(火) No.414

初恋の行方


僕は姉ちゃんが大好きなんだ!




姉ちゃんが座ったら、僕はすかさず・・・




くっついちゃうんだよ。
体をギュゥギュゥ押し付けてくっついちゃうんだよ。





まったくもって無粋なおばちゃんだよ。



****預かりおばちゃんより****

わが家には先住犬が2頭います。ラブラドール12歳♀とMシュナウザー10歳♂です。
善吉くんはラブが好きで好きでしょうがないようで、始終付きまとっています。
ラブは犬嫌いではないので、そっと寄り添われる分には全くかまわないはずですが・・・




善吉くんの激しいストーカーぶりにはもううんざりしています。
表情の大きな違いから、2頭の関係がわかっていただけるのではないかと思います。

シュナとの関係はまたいつか。
2014年09月11日(木) No.413

善吉くんとお散歩 


****預かりおばちゃんより****

前回、善吉くんが自転車とバイクを警戒していると書きましたが
今日のお散歩で新たに、もっと強烈に気にするものがわかりました。



コロ付きキャリーバッグです。
以前にもバッグをゴロゴロと引いて歩いている人をじっと見つめて
立ち止まってしまったことが何度かありました。
しかしそれはかなり距離がありました。

今日は善吉くんがウンP中に、後ろからキャリーバッグがゴロゴロと近づいてきました。
善吉くんは驚いて跳びあがるようにしてウンPを中断。
そのままバッグに突進しようとしたので、リードを短くして止めました。
バッグを引いていたおじさまを少し驚かせてしまったので、謝りました。
(ウンPは踏まれる前に、素早く拾いました)
善吉くんはバッグとおじさまから目を離さず、キュンキュン鳴き、
キュンキュンはすぐにアオォォォン!というような發大きな声に変わりました。
おじさまが角を曲がって見えなくなるまで、ずっと吠え続けていました。

おばちゃんの声は全く耳に入らない様子。
怖れているのとはちょっと違うような感じ。
でも楽しい嬉しいというのとは全然違う様子。
かと言って、怒っている攻撃的な感じでもなく、
強いて言えば、その鳴き声から悲しんでいるというような感じでした。
とにかく感情がものすごく高ぶったようです。
そのような善吉くんは初めて見ました。

その後しばらくその場で立ち止まってる内に気持ちは静まり、いつも通りテケテケ楽しそうに歩き始めました。


過去に何かあったのかな?
何かを思い出したのかな?
それから・・・あの時、おばちゃんはどうしてあげればよかったのかな?
パニック状態の善吉くんをフォローしてあげられず、反省しています。

これから、コロ付きキャリーバッグは要注意です。

2014年09月09日(火) No.412

善吉くんとお散歩 












****預かりおばちゃんより****

善吉くん、けっこうドンクサイです(笑)。
↑では、バックで戻ればいいのに、Uターンしようとしばらくモゾモゾしていました。
可愛すぎます。

涼しくなり、お散歩ゴールデンタイムの夕方に出発することが出来るようになりました。
善吉くんは出会うワンコたちに、ほとんど問題なく接することが出来ます。

小型ワンコには倦厭されてしまうことが多いのですが、善吉くんは小型ワンコが好きなようで
たまにしつこくし過ぎてしまうことがあります。
大型ワンコにご挨拶したのはまだ数回しかありませんが、善吉くんはちょっとドキドキしながら
そーっと近寄り、相手の出方を見てそーっとクンクンします。
大型ワンコには、なかなか慎重です。
また、吠えているワンコさんのことはきっぱり無視することが出来ます。

出会う人については、とってもフレンドリーです。
この間は女子中学生に囲まれて、とっても嬉しそうでした。

少し困るのは、善吉くんに全く注目していない人にまで、進んで挨拶に行こうとするところです。
それから自転車を警戒して立ち止まってしまうことです。
バイクも気になるようです。
しかし車は気にしません。
自転車とバイクは「下半身が変形した人間が高速で走っている」ように見え、ちょっと怖いのでしょう。
きっとその内に慣れるでしょう。

2014年09月08日(月) No.411

善吉くんとお散歩 


お散歩中、道路ではおばちゃんと一緒にせっせと歩くんだけど
公園や空き地では自由にしていいんだ。

僕は・・・



いろんなところをクンクンするよ。
僕はしっかりクンクンするために、草とか地面に鼻をくっつけるんだ。
おばちゃんが「近すぎでしょ?」っていつも笑ってるよ。

クンクン・フラフラしてると、時々「あ〜!めっちゃ楽しい!!」って気分になるんだ。
そうしたら・・・



タッタカターと走っちゃったりして。
さらに・・・



ビューンビューンって走ったりもして。

お外はほんとに楽しいなぁ♪



えへへ。



****預かりおばちゃんより****

善吉くんは、めったやたらにフガフガ吸い込むように嗅ぐことはありません。
1つの物に集中して、鼻を押し付けるようにしてじっくり嗅ぎます。
そして、カオリだけでは物足りない(?)場合には、ペロペロっとするので
クンクンしている時にはよく気を付けて見ていないといけません。
他犬のおしっこの跡が特に気になるようなので・・・。

嗅ぐのをやめてほしい時には、リードをくいっと上に引けば
善吉くんはすぐに気持ちを切り替えて、前に進みます。


↑の写真では大変力強く、そして速く走っているようにも見えますが・・・
実際にはフワフワっとした走り方で、非常に遅いです(笑)。
まだあまり筋力がなく、体も出来上がっておらず、走り慣れていないせいだと思いますが
善吉くん本人は力一杯走っている気分のようで、とてものびやかで嬉しそうなお顔をしています。
走り終わると「僕、かっこいい?」というような顔をしておばちゃんをみます。
可愛すぎます。
2014年09月06日(土) No.410

善吉くんとお散歩 


僕、ものすごく暑がりなんだ。



朝の6時前に出発しても、すぐに息がハァハァ上がっちゃうんだよ。
だから長いお散歩は真っ暗になってから行くんだ。
だいだい夜の9時くらいだよ。

朝のお散歩はご近所をちょびっと歩くだけなんだけど・・・




あちこち見回すと、面白そうなものがいっぱいあるよ。
僕はキョロキョロしながら五感をフル回転させるんだ。
そして「あれはなんだ?」というものがあったら、おばちゃんに聞いてみるんだ。
おばちゃんは「猫ちゃんだよ。爪が尖ってるからかまわない方がいいと思うよ」とか
「カラスだよ。飛ぶからつかまえられないよ」とか
「ゴミ袋だよ。触っちゃダメ!嗅ぐのもダメー!」とか、いろいろ教えてくれるよ。

僕はいろんなものが珍しくて、まだキョロキョロウロウロしちゃうんだけど
でもおばちゃんの周りから離れないんだ。




僕、お散歩が大好きになったよ。



****預かりおばちゃんより****

階段を恐る恐る降りる様子、リードがグルグルしてしまう様子などから
善吉くんはお散歩をあまりしたことがなかったのではないかと思います。

お散歩デビュー後しばらくの間・・・
玄関先でグズグズして、あまり外に行きたくないような素振りを見せました。
外に出ても、おばちゃんの周り、主に後ろ辺りをグルグル回ることが多く
また何となくソロリソロリと歩いている感じがありました。

それが今では・・・
先住犬が先に散歩に出るのですが、僕も一緒に行く!と、玄関に通じるドアにがむしゃらに突っ込みます。
自分の散歩の番になると一目散に玄関の土間に降りて、しばしコオドリ。
リードをつける時にオスワリすることはしっかり覚えたので
きちんと座っておばちゃんをキラキラした目で見つめます。

リードをつけ、いざ出発!となっても、玄関を飛び出すようなことはありません。
わが家には玄関を出た先に門扉、そしてすぐに階段があるのですが、
善吉くんはいまだに階段はちょっと苦手で、おばちゃんの後ろについて降りたいのです。
苦手な階段を降りた後にお散歩の喜びがいよいよ盛り上がるようで、しばしピョンピョン祭です。
四方八方にピョンピョン跳んで、着地のたびにおばちゃんの顔を見て
素敵なプレイバウのポーズを決めてくれます。
このピョンピョン祭はめちゃくちゃかわいいので、あえて止めません。

まだお散歩トレーニングというようなものはほとんどしていないのですが
善吉くんは常におばちゃんを意識して歩いているようです。
おばちゃんは常に一定の速さでガンガン歩き、善吉くんはちょっとフラフラしつつも、せっせと歩きます。
おばちゃんのペースを乱すほどフラフラしすぎるということはありません。
おばちゃんが止まれば、善吉くんも止まります。
そして何か不審なものがあれば、止まり、おばちゃんの顔を見上げます。
名前を呼べば必ず振り返ります。

これでだいたい楽しいお散歩ができるはずなのですが・・・
歩いている途中に突然ピョンピョン祭が始まることがあるのが難点です。

初めはどういう理由で突然ピョンピョンするのか全くわからなかったのですが
どうやら、およそのワンちゃんに吠えられた(しばらく)後、
以前の散歩で吠えられた場所を通過した後、また何か不審なものが去った後などに
緊張→解放でピョンピョンするのではないかとわかってきました。
この道路でのピョンピョン祭は危ないので、すぐに止めます。
リードをぐいっと引いて、低い声でダメ!と言えば、すぐ止まります。


善吉くんと顔を見合わせ、うふふ♪あはは♪と笑いあいながらのお散歩はとっても楽しいです。
あんまり楽しくて、時々はおばちゃんがピョンピョン祭をしたいくらいです。








2014年09月01日(月) No.409