お泊りWANKO  [ Perro Dogs Home 預かり日記 ]

ハロウィン 〜後編〜 




****預かりおばちゃんより****

善吉くんは、頭に変なものを被せられていることに、しばらく気づきませんでした。
または気にしていませんでした。
しかし撮影会(?)の途中に気づき、気になったようで・・・



おててでエィっとやって取ろうとしました。
しかし5回くらいエィエィっとやって、自分で取るのは無理だとわかると
早々に諦め、気にしないことにしたようです。
かぼちゃを被っていることは気にしませんでしたが・・・




横顔があまりにもおかしかったので、おばちゃんが大爆笑してしまったら
ちょっと怒ったような、ちょっと傷ついたような、ちょっと拗ねたようなお顔をしたので、深く反省。
以後は「かわいい!かわいい〜!」と褒めちぎりました。





2015年10月29日(木) No.517

ハロウィン 〜前篇〜


何だか知らないけど、お外に出て写真を撮ることになったんだ。



おばちゃんはニヤニヤ笑ってるし、姉ちゃんはおしゃれしてかしこまってるし、なーんか変な感じ。




兄ちゃんなんて変なものかぶって、動けなくなってるし。
それになぜだか、いつもより視界が狭いんだ。
狭いどころか、だんだん・・・



全く見えなくなってきたんだ。

おばちゃんが「おいでおいで」って言うけど、どこにいるのよ?
んん?いい香りがするぞ。
クンクンクン・・・



2015年10月28日(水) No.516

ありがとうございました!


****預かりおばちゃんより****

運動会にご参加くださったみなさま、どうもありがとうございました。
おかげさまで、今年もとても楽しい運動会となりました。


(今回の写真はすべて、運動会でスタッフに撮ってもらったものです)

善吉くんはだいたい良い子にできていたのではないかと思います。
午前中はペロのベテランスタッフにお任せして、善吉くんには駐車場整理のお仕事をしてもらっていました。
そこでだいぶ疲れたようで、午後はおばちゃんと一緒にいましたが、だいぶトーンダウンしており
おばちゃんが心配していたようなことは起こりませんでした。

ペロのスタッフ仲間には「預かり日記で事前に脅かし過ぎだよ」と笑われましたし
おばちゃん本人が読み返してみても「ビビリ過ぎたなぁ」と苦笑いしております。
しかし完全なる杞憂という訳でもなく、場合によっては善吉くんがファイトモードになることは確かであり
運動会で良い子に出来たのは、みなさまが優しく心配りをしてくださったからだと思います。
本当にどうもありがとうございました。




実は運動会でも、おばちゃんと一緒にいる時に近づいてくる犬や人に対して、何度か小さく唸ったことがありました。
しかしそれはファイトモードとは程遠く、善吉くんにとっては「警告の前の予告」程度の唸りでした。
それでも公共の場における愛犬の態度として許されるものではありませんから
これはもう、おばちゃんの不徳の致すところとしか申し上げられません。



善吉くんの「家族を守る」という気質を上手く抑え、常にリラックスした状態を保つ。
それが今後の課題だということが、運動会で再確認できました。

しかし、これは、む、難しい。。。
それにはおばちゃん自身の根本的抜本的改革が必要なのかもしれません。。。
というのは、わが家の雄犬(Mシュナ12歳)が「守る」気質の塊で
数年来、あの手この手で矯正を試み、そして失敗し続けているからです。。。
善吉くんの問題というより、預かりおばちゃんの問題が浮き彫りになったようです。

おばちゃんと一緒にいない時の善吉くんは・・・



しっぽを掴まれてもじっと我慢の、寛容な良い子なのです。
また預かり家族だけでいる時も、甘えん坊で素直でとっても良い子なのです。
つまり、善吉くんは良い子なのです。
悪い子はおばちゃんでした。。。






2015年10月26日(月) No.518

運動会に向けて・・・


****預かりおばちゃんより****

いよいよ年に1度のペロドッグズホームの運動会が近づいてまいりました。
善吉くんは今年も参加いたします。
去年はたくさんの方にかわいがっていただき、
たくさんのワンちゃんともご挨拶をさせていただきましたが
あの時よりも体は10垓瓩成長し、心もだいぶ大人になりました。

おばちゃんは「善吉くんは今年も良い子にしてられるかな。。。」とちょっと心配しております。
というのは・・・
ピリピリと神経質になっていた思春期はもうほぼ終息しましたが、
和犬の雄としての行動、というか心持が定着してきたようなところがあります。
また「おばちゃんのボディーガード」を自任しているようなところも見えてきました。


ルックスは相変わらず・・・



フワフワモコモコで「夢の国のこぐまさん」のように可愛いので(仮親ばか?!)
お散歩中にたくさんの方に声をかけてもらいます。
しかし善吉くんがご挨拶できるワンちゃんは、10頭中1頭ほどです。
9頭は「もしかしたらケンカになっちゃうかもしれないので」と自粛させていただいています。

善吉くんがご挨拶できるワンちゃんは・・・
「社会化完璧でフレンドリー、ワンコマナーばっちりの超優等生」ちゃんです。
すみません!上から目線のような発言に聞こえるかもしれませんが、そうではないのです。
本犬はさっぱりなっちゃいないにも関わらず、相手の無礼には過剰反応することもある善吉くんがいけないのです。
そして本当に悪いのは、それを制御できないおばちゃんなのです。

過剰反応と言ってもいきなり襲いかかるようなことはないのですが、善吉くんにとっては軽い威嚇であっても
体格差がある場合、そう受け取られない場合もあるでしょうし
もし実際に本気で挑まれたら、善吉くんはおそらく即応戦するはずです。

万が一にも咬傷事故を起こすわけにはいきませんから、少しでも危険性が感じられた場合には
これまで接触はもちろん、近づけることもしていません。
だから善吉くんが実戦(?)でどの程度まで「やる」のかわかりませんが、
以前、秋田犬や紀州犬に挑まれた時には、普段の善吉くんからは想像できないような
俊敏な動きと大きな唸り声を上げて、すぐにファイト状態になりました。
(こちらはがっちり押さえていたので、ケンカは回避できました)
その様子には「夢の国のこぐまさん」の面影ゼロ。。。

善吉くんの性格をメジャーな犬に例えるならば「柴犬の雄」が一番近いかもしれません。
(ちなみに、おばちゃんは柴犬が大大大好きです♡)
しかし相手に与える迫力と実際の威力はその数倍あります。
なので和犬系はちょっと苦手というタイプのワンちゃんは特に、どうかくれぐれも気を付けてください。
同じ大型犬でもレトリーバー系とはかなり性格が違いますので、大型犬は大好き!というワンちゃんもお気をつけてください。

人に対しては普段はとてもフレンドリーですが、人や犬がいっぱいいる運動会会場では
いつもより緊張していると思いますので、どうぞお手柔らかにお願いいたします。


おばちゃんは超のつく心配性なので、万・万が一の事故を想定して書いています。
また善吉くんが受け入れられないワンちゃんの行動には細かい定義がいろいろあるのもわかっているのですが
やはり万・万が一を想定して、ざっくりと「みなさん、どうかお気をつけて!」と書きます。

本来の善吉くんはおっとりのんびりの良い子です。
けっこうオトボケ君でもあります。
とても魅力的な子です。

ペロドッグズホームには大型和犬がこれまでいませんでしたので
ちょっと勝手が違うというか、認識が異なるというようなところはあるかもしれません。
しかし家庭犬として申し分ない資質はもともと持ち合わせていましたし
預かり宅で問題なく楽しく暮らしている実績もあります。
ぜひ実物の善吉くんに会って、その魅力を確認してくださいね。



みなさまにお会いできることを、楽しみにしています♪











2015年10月21日(水) No.515

仲良くねんね










姉ちゃんとくっついて寝るのって、し・あ・わ・せ♪



2015年10月14日(水) No.514

訪問者


ちょっと前、夏の暑い頃のこと。
2階のエアコンが故障して、修理のおじさんが来たんだよ。
ワンコが苦手な人かもしれないし、お仕事の邪魔になっちゃいけないってことで・・・



僕たちはテーブルとか椅子で隔離されちゃったんだ。
僕はとりあえず「初めましてこんにちワンコ。善吉です!」ってご挨拶だけはしたかったのに・・・



それもさせてもらえなかったんだ。
だから僕はその悔しさを、テーブルの脚にぶつけてみたりしてみたりして。へへへ。

おじさんが1階と2階を行ったり来たりして、2階ではガツガツゴンゴン音がしていて
僕はしばらくの間ウロウロソワソワしていたんだ。でも吠えたりはしなかったよ。
ウロウロソワソワするのも10分くらいで飽きちゃった。
おばちゃんが警戒している様子はないし、僕が活躍する場面もなさそうだから
あとはいつものように、のんびりゴロゴロ寝てたんだ。



おじさんが2階から降りてくるたびに「僕にご用の際は呼んでくださいね〜」って感じに
しっぽだけプンプンって振って合図してたんだけど、最後まで僕にご用はなかった。

でも修理が終わった後、おじさんをクンクンさせてもらって、撫でてもらって、ちょっと仲良くなったんだよ。

2015年10月13日(火) No.513

甘えん坊遊び


兄ちゃん(Mシュナ11歳)のお気に入りのおもちゃ・・・



「ラップの芯」。
とっても貧乏くさいおもちゃだけど、おばちゃんはもったいつけて焦らすんだ。
僕はちゃーんと待つよ。
ヨシ!と言われたら・・・



ガブッとして・・・



前歯でグググっと噛んで・・・



奥歯でガガガって噛むよ。


****預かりおばちゃんより****

ラップの芯がただ転がっているだけでは、善吉くんは見向きもしません。
おばちゃんが手に持っている時だけ、楽しそうにガブガブします。
手を離せば、すぐに口を離してしまいます。
これはおもちゃで遊んでいるというより、おばちゃんと遊んでいる、
またはおばちゃんに甘えているという感じなのでしょう。
2015年10月09日(金) No.512

兄ちゃんとおもちゃと僕 後編


兄ちゃん(Mシュナ11歳)が延々と遊んでやっとおもちゃに飽きたから・・・



僕はスペシャルおもちゃ、プリンの空きカップでやっと遊ぶことができたんだよ♪
やっぱりスペシャルおもちゃはスペシャルなだけあって、スペシャルだな〜♪


・・・でも一人でガジガジしてても、イマイチかも?
僕一人じゃ、兄ちゃんみたいに楽しく遊べないかも・・・




兄ちゃんのそばに移動して、見せびらかしつつ、ちょっと誘ってるようなそぶりも見せつつ
ガジガジしていみたんだけど、兄ちゃんはもうおもちゃに興味はないみたい。
僕もなんかもう、楽しくなくなっちゃったよ。




めったにゲットできないプリンカップなのに、なんだか急に色あせちゃった。



****預かりおばちゃんより****

4回にわたってお伝えしてきた「おもちゃと善吉くんの様子」をまとめて・・・

善吉くんはおもちゃに全く興味がないわけではありませんが、一人おもちゃ遊びは上手くできません。
たまに興味を持って咥えても、ほんの2,3分で飽きてしまいます。
おもちゃ遊びが長く続くのは、おもちゃをおばちゃんが手で持って固定してあげている時です。
これは遊びというより、甘えん坊活動の一環かと思われます。

ちなにみ「引っ張りっこ遊び」はまだよくわからないようで
「楽しく遊んでいたのに、なんで僕のおもちゃを奪っちゃうの?」と
切なそうなお顔をして、ちょっと落ち込んでしまいます。

姉ちゃん兄ちゃんがおもちゃで遊んでいるのは羨ましそうに眺めているので
「人のモノが良く見える」タイプなのかな?と思っていたのですが・・・
どうも最近は「人が遊んでいるのを眺めるのが好き」なのかも?!という気がしてきました。
善吉くんの本心はわかりませんが・・・
おっとりのんびりの善吉くんらしいと言えば、非常に「らしい」解釈じゃないかと思います。

2015年10月04日(日) No.511

兄ちゃんとおもちゃと僕  前篇


ここの家の兄ちゃん(Mシュナ11歳)はとにかくおもちゃが大好きなんだ。



咥えて、放り投げて、追いかけて、跳びついて、アムアムガジガジっていうのを延々やってるんだ。
兄ちゃんを見ていると・・・




おもちゃがものすごくいい物に見えて来て、ものすごーく欲しくなっちゃうんだ。
でも兄ちゃんは・・・



全然くれないんだ。
だいたい遊びに夢中過ぎて、僕のことは全く眼中にない。
そんな時、僕はかなーりせつない。。。
2015年10月03日(土) No.510