お泊りWANKO  [ Perro Dogs Home 預かり日記 ]

スペシャルナイトウォーク


朝晩のお散歩とは別に、最寄駅まで姉ちゃん(人間)を迎えに行くことがあります。
その日一番良い子だったワンコがおばちゃんに連れて行ってもらえます。
スペシャルナイトウォークです。

駅前では通行人の邪魔にならないように、端っこでちゃんとオスワリしていなくてはいけません。
帰宅ラッシュ時間にはたくさんの人がいて、わたしはちょっとだけ緊張してしまいます。




緊張すると、わたしのお耳はぺたーんとなります。

お姉ちゃん(ラブラドール)は道行く人すべてにご挨拶をしたがるので、おばちゃんは恥ずかしいそうです。
お兄ちゃん(M.シュナ)は近づく人すべてを警戒するので、おばちゃんは気が抜けないそうです。
しかしわたしは・・・




フワフワせずにしっかりオスワリして、お姉ちゃんを待つことができます。
知らない人に「いい子ですね」なんて声をかけられることもあります。
そんな時にはしっぽをぷんぷんと振って「どうも♪」とご挨拶します。

でもわたしの仕事は、お姉ちゃんのお迎えだということがよくわかっているので
お姉ちゃんの来る方向を眺めて、ひたすら待ちます。


・・・あ!



お姉ちゃんが来ました。
似たような制服姿の女の子はたくさんいますが、わたしにはお姉ちゃんがすぐにわかります。

だってわたしはお姉ちゃんが大好きですから!




いつも「飛びつき厳禁!」と言われていますが、この時ばかりは嬉しさのあまり
お姉ちゃんに何度も飛びついてしまいます。
お姉ちゃんはキャーなんて言っていますが、まんざらでもないようです。
2013年10月28日(月) No.343

楽しい仲間と「犬走る」


わたしは今日、とっても楽しく遊んできました。




「犬走る」に行ったのです。
わたしはたくさん走りました。

一緒に遊んだメンバーは・・・




ペロドッグズホームの保護犬no.350cチワワのペペちゃんとno.351テリアミックスのブリちゃん、
それにペペちゃんとブリちゃんのお家のワンコさんたちです。
全員女の子です。全員甘えん坊です。全員気立ての良いワンコです。
みんなで仲良くとっても楽しく遊ぶことができました。


ペペちゃんは小さくてちょっと怖がりさんでしたので
おばちゃんが「グイグイ行っちゃだめよ」と、わたしにマテをさせました。
わたしはペペちゃんとどうしてもご挨拶がしたかったけれど、ぐっと我慢しました。
でもぐっと我慢しながらもジリジリ進んでしまいました。
その時の様子がこちらです・・・




ペペちゃんへの好奇心とマテの自制心がせめぎ合う様子が後ろ脚の辺りによくあらわれています。
おばちゃんにしては、なかなか良く撮れています。

ぺぺちゃんはみんなと走り回ることはありませんでしたが
預かりママさんの後を一生懸命ついて回っていたのでちょっと疲れてしまったようです。
「犬走る」の後には「人食べる(カフェ)」に行きましたが、
みんなが「オコボレないかいな」とソワソワしている間、ペペちゃんだけは・・・




ママさんのカバンに乗って、スヤスヤ寝ていました。
小さなぺぺちゃんは、すごくかわいかったです。
ペペちゃんのことをもっと知りたいという方は、ホームページの350cをクリックしてくださいね!


今日はたくさん走り、たくさんの初対面の人やワンコさんに会ったりしたので
わたしはクタクタです。
もう1ミリも目が開けていられません。
おやすみなさい☆


****預かりおばちゃんより****
現在、ぬいちゃんはおばちゃんの足下でぐっすり眠っています。
時々、小さくウェウェウェ〜というような声を出したり、脚をバタバタさせたり
肉球を開いたり閉じたりしています。どうやら夢の中で走っているようです。
寝ていても可愛い子です。
2013年10月22日(火) No.342

素敵なおもちゃ


わたしの最近の一番のお気に入り(スリッパを除く)は・・・




この鳥の形をしたおもちゃです。
おもちゃをもらう前には必ずオスワリをしなくてはいけません。
わたしはいつもなら、びしっとした顔をしてオスワリ・マテをするのに
鳥のおもちゃに夢中になって、口がパッカーンと開いてしまいます。
ちょっと恥ずかしいです。

ヨシ!の合図が出れば、間髪入れず・・・




ガブーっと食らいつきます。
しばらくアムアムして遊ぶと、またおばちゃんに取り上げられてオスワリ・マテをさせられます。
わたしは普段、吠えることはめったにないのですが、あんまりマテが長引くと、つい・・・




ウオォォンと言うような声を出してしまいます。
オスワリを勝手にやめてしまうこともあります。
わたしもまだまだ修行が足りません。


おばちゃん、早くちょうだい!!




思わず手も出てしまいます。
2013年10月21日(月) No.341

ミラクルカメラマジック!












***預かりおばちゃんより***

ぬいちゃんが機嫌の悪い仏頂面をしているところを見たことがありません。
特に何事もない時には、ボーっとしたお顔をしています。
それはもう完全に気の抜けた、完璧なる「ボー」っとしたお顔で
『無の境地』を悟っているとしか思えません。

人の傍に来るときには、たいていにっこりしています。
その他にも焦っている時、弾けている時、心配している時など
とても表情が豊かです。

もう一度言いますが、仏頂面をしていることはないのです。
なのになぜか、写真を見返すと仏頂面になっています。
ミラクルカメラのカメラマジックです。
おばちゃんの腕はそこまでミラクルでマジカルではないはず。。。
2013年10月17日(木) No.340

スリッパ マイLOVE 


スリッパへの愛の賛歌もいよいよ最終回となりました。

おばちゃんから、お行儀よくスリッパをいただいた後しばらくは
わたしは口で咥えて放り投げたり、それに飛びついたりしてスリッパを派手に楽しみます。
そしてその後は・・・




わたしはスリッパとじっくり向かい合い、アムアム味わったり
チビチビかじったりして、長く細K楽しみます。
すぐに原型をとどめないほどビリビリに破壊するということはありません。
だってわたしはスリッパを愛しているのですから!


さて、みなさまは今頃・・・
「ぬいちゃんがいたら、家中のスリッパが全部おもちゃになって壊されてしまうのではないか?」と
心配されていることと思います。

ノンノン!そんなことはありません。
自分で言うのもなんですが、他に言う人もいないので言ってしまいます。
わたしはけっこう賢い方ですから、おもちゃとおもちゃでないものの区別はつきます。




教えてもらえれば、ちゃんとわかります。




おばちゃんからもらった方のスリッパはおもちゃで
おばちゃんが脱ぎ散らかしている方のスリッパはおもちゃではありません。
確かに以前はその区別がつかず、うっかり遊んで壊してしまったこともありました。
そんな時にはおばちゃんが猛烈に怒ったので、わたしは学習したのです。
「ぬいちゃん、どうぞ」と言われたものが、わたしのおもちゃになるのです。




正直に言えば、今でも時々おもちゃでないスリッパを咥えてしまうことがあります。
でもおばちゃんに注意されればすぐに気づき、ちゃんとお返しします。

わたしはスリッパに限らず、咥えているものを取り上げられても
唸ったり怒ったり逆切れしたりすることは決してありません。
時々、引っ張りっこ遊びと間違えてハッスルしてしまうことはありますが
目を見てきちんと説明されれば、ちゃんとお返しします。


スリッパへのわたしの情熱がみなさまに伝わったでしょうか?
スリッパ好きな方には、大いに共感していただけたのではないかと思います。
スリッパが好きでないお方は、退屈してしまいましたか?

長いスリッパ談義にお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

2013年10月13日(日) No.339

スリッパ マイLOVE 


前回に引き続き、わたしのスリッパへの愛を語ります。

おばちゃんが、いくらスリッパが好きでももう少し落ち着きなさいと言うので
スリッパを前にしても我を忘れるようなことがないように訓練をしています。

自分で言うのもなんですが、わたしは賢い方なので・・・




この通り、あっという間に落ち着くことができるようになりました。
以前はおばちゃんがスリッパを手にした途端、とびついてかぶりついていましたが
ちゃんとオスワリして「ヨシ!」の合図が出るまで待てるようになったのです。

「ヨシ!」の後は・・・




以前と変わらず、ガッブ〜っと突っ込んで行きますが、とびつくことはなく
おばちゃんの手に歯を当ててしまうようなミスはほとんどなくなりました。

「ほとんど」というのは、そうでない時もあるということで
思いもかけない時や方向からスリッパが突然現れた時や
お姉ちゃん(ラブラドール)に横取りされそうな時には
まだとびついてかぶりついてしまうこともあります。




スリッパの魅力は底知れず、本当に素晴らしいもので
わたしはまだまだ完全に落ち着くことはできそうにありません。

次回もスリッパのお話をしようと思います。
スリッパ好きの方は楽しみにしていてください。
スリッパが好きでない方には、・・・すみません。


     お・ま・け
     ぬいちゃんの横顔
     
     めちゃくちゃかわいいです♪


2013年10月09日(水) No.338

スリッパ マイLOVE


これまでにも何度も申し上げてきましたが、わたしはスリッパが大好きです。
他のおもちゃもけっこう好きですが、好きの度合いが全然違います。

この家の定番おもちゃ「たわし」をもらった時のわたしは・・・




こんな感じに、おばちゃんの手に歯が当たらないよう、そっと受け取ります。

一方スリッパをもらう時には・・・




おばちゃんの手に歯が当たることなどかまっていられない、というか
おばちゃんの手などどうでもいいという感じで飛びつき食らいつきます。

そして・・・




ぐいぐい引っ張ります。
楽しくてしょうがありません。




わたしはなぜこんなにスリッパが好きなのでしょうか?
自分でもわかりませんが、とにかく好きで好きで大好きなのです。

スリッパ問屋の優しいお方、どうかわたしを娘にしてください。

2013年10月07日(月) No.337