お泊りWANKO  [ Perro Dogs Home 預かり日記 ]

善吉くん、思春期に突入!


僕は毎日、おばちゃんの後を追っかけてるんだよ。

僕は追っかけるだけじゃなく、おばちゃんのお手伝いを頑張る気満々で
雑巾を咥えたり、スリッパを破いたり、お洋服を引っ張ったりするから
「善吉くんはここで待ってて!」と言われることも多いんだ。

そういう時には・・・




おとなしくフセして待つんだ。
じーっと待つんだ。



僕、偉い子でしょ。



****預かりおばちゃんより****

そろそろ1歳になろうかという善吉くんは、どうやら思春期に突入したようです。
穏やかでお茶目で甘えん坊という基本的な性質は変わりませんが
大型和犬♂本来の性質が、ジワジワと出てきています。

まず先住犬との関係、または先住犬との扱われ方の差にたまに疑問や不満を持つようになりました。
(僕を一番優先にしてもらいたい、おばちゃんを独占したい、というような感じ)
またおばちゃんに対して、ごくたまにほんの少し反抗的な様子を見せるようにもなりました。
そして散歩で出会うおよその犬に対して、ちょっと注意が必要になってきました。
相手が友好的な場合には全く問題がありませんし、
挑戦的であっても善吉くんより小さく弱い犬の場合には、相手にしないので問題ありません。
大きさや力が互角、またはそれに近い場合にだけ「受け立つ!」という態度を見せる様になりました。
普段のフニャフニャ甘えん坊の善吉くんからは想像できないほど、低く大きな唸り声を出します。
もしケンカになってしまったら、おばちゃんの腕力では止めることが出来ないでしょうし
「ちょっと血が出ちゃった」では済まされない大事になりかねませんから
ケンカにならないように気を付ける、つまり危うい時には近寄らせないことが一番です。

いつどんな時にも、どんな人にもどんな犬にも優しく穏やかに接することができれば、
飼い主としては誇らしく、また付き合いも広がってワンコライフを何倍も楽しめるでしょう。
しかしその犬が持った本来の性質を曲げてたくさんの我慢させることは、おばちゃんはあまりしたくありません。
その犬の性質を尊重しつつ、しかしそうは言っても人間社会で暮らすのですから多くの譲歩を求めつつ
飼い主家族と愛犬が幸せに楽しく暮らせればよいのではないかと考えています。

善吉くんを連れてどこへでも行き、ワンコ友だちと集まってワイワイ楽しく盛り上がるということは
絶対に出来ないということはありませんが、相当なトレーニングと深い信頼関係が必要になってくるでしょう。
善吉くんと向き合って暮らすだけでも十分楽しいワンコライフを送ることが出来ます。
しかしそれにも大型犬である善吉くんには主従関係を確認させるためのトレーニングと
これは小型犬でも当たり前のことですが、信頼関係は欠かせません。
信頼関係を気付くためには、犬が求める最低条件は満たしてあげなくてはいけません。
適切な環境、適切な健康管理(食事と運動)、そして十分な愛情。
たったこれだけのことで、双方楽しく幸せに暮らせるはずです。

善吉くんには手をかけるに値する、大きな魅力があります。



健康管理と気分転換と信頼関係のために毎日せっせと歩いて、
実はおばちゃんは相当お疲れで、毎日お布団にバタンキューですが
それでも毎日とっても楽しく充実しています。



2014年12月31日(水) No.448

真の善吉?


ここの家のお姉ちゃん(人間15歳)は僕のことが大好きなんだって。
だからお姉ちゃんは、僕が「顔がデカい」とか「ヌボーっとした子」って見られるのは納得いかないんだって。
お姉ちゃんはシュッとしてパリッとしてかっこいい『真の善吉』を皆さんに見てもらおう!って
はりきっちゃったんだけど・・・




何度やってもどうもうまくいかないんだ。
そしたら、おばちゃんが「あぁもう!ダメダメ。善吉をシュッとしてパリッとさせるのはこうでしょ・・・」
とカメラを放り出して、僕に馬乗りになってはりきりだしちゃったんだ。

つまり、お姉ちゃんやおばちゃんは・・・
僕の顔回りの毛をグッとまとめて、さらに全体的にちょっとリフトアップ。
骨格を強調して実は小顔だということと、ちょっと引っ張れば目が鋭くなるってところを
皆さんにお見せしたいんだと思うよ。

まったくもぉ・・・











女子供のやることには付き合いきれないよ。
・・・とか言って、
僕はこんな風にかまわれるのは、けっして嫌いじゃないんだけどね。



****+預かりおばちゃんより****

実はけっこう小顔で、実はけっこうシャープな骨格をしてるんですよ。
目もぐわっと見開けば、けっこう大きいんですよ。
本当なんですよ。




2014年12月25日(木) No.447

ギャップは魅力!


僕は舗装道路よりも土とか草があるところの方が好きなんだ。
だから空き地があるとついフラフラ〜っと入って行っちゃうんだ。
でも・・・



背丈より高い草をかき分けて進むのはちょっと嫌なんだよ。
だからおばちゃんに呼ばれても・・・




草のないところまでこのまま進みたい感じ。
呼ばれても、戻れない感じ。
戻りたくても、戻れない感じ。
それはもう、しょうがない感じ・・・




・・・を装っているのはバレバレだね。
僕はおばちゃんが怒る前にちゃんと戻ったよ。



****預かりおばちゃんより****

たいていのワンコは舗装道路よりも山道や原っぱを好むものです。
中には、草をかき分け、崖を登るというような、道なきところをグイグイ進みたいワンコもいますが
善吉くんは先の見えるところ、一応道的なものが通っているところの方がお好みのようです。
今はもう、↑の写真程度の草むらならばズンズン踏み倒して歩きますが
以前は草むらに入り込んでしまって立ち往生なんてこともありました。

大きな体と強い力の割に慎重だったり、あけっぴろげだったりシャイだったり、
やきもち妬きの甘えん坊だったり、一人を好む時もあったりと
善吉くんの中には、相反するような性質のものが、大した混乱もなく共存しています。
付き合えば付き合う程、面白い子です。


ところで最近・・・


1回のお散歩中、2,3回マーキングをするようになりました。
片足立ちではフラフラしてしまい、途中から腰を落とすスタイルになることもありますが
おばちゃんが引っ張って止めなければ、もっと頻繁にマーキングするはずです。
排泄の後に後ろ足を蹴り上げて土を飛ばしたいような素振りもするようになりました。

善吉くんのお散歩は先住犬とは別ですし、ワン友と一緒に歩くということもありませんから
これは誰かの真似をしているという訳ではありません。
犬のDNAに組み込まれているものなんでしょうね。
ちなみに去勢手術はとっくに済んでいます。

2014年12月23日(火) No.446

わかりやすい善吉くん


僕は山っぽい道が大好きなんだ。



だからついついグイグイ進みそうになるんだけど・・・



おばちゃんに声をかけられたら、ちゃんと振り向いて返事をするんだよ。
それで、ちゃんと歩調も合わせようとは思うんだけど、やっぱりついつい・・・



早足になっちゃいがちなんだ。
おばちゃんは2回目からは優しく注意なんてしてくれないんだよ。
リードをぎゅっと引っ張って、低い声で「ゆーっくり!」って言うんだ。





****預かりおばちゃんより****

善吉くんは楽しい時にはしっぽフリフリ&ニコニコ笑顔になります。
つまらない時、不満な時には、ブーっとした顔をして、動きが遅く(鈍く)なります。
警戒している時には耳が前向きにピンと立って全身が固くなり、
淋しい時にはしっぽが下がります。
心持が非常にわかりやすい子です。



2014年12月22日(月) No.445

ツリーの悲劇?喜劇?


僕はただ、緑と赤のきれいな布でちょっと遊んでみたかっただけなんだ。
だからちょっと引っ張ってみただけなんだ。
そうしたら・・・




クリスマスツリーが降ってきたんだ。
ガッシャーンってすごい音で落ちてきたんだ。
それからキラキラした丸とか星が部屋中でコンコンカンカン跳ね回ったんだ。
僕は逃げたよ。
泡食って逃げたよ。
しっぽがタラーンとなっちゃったよ。

おばちゃんは「もー!何してくれちゃってんのよ」ってプリプリ怒りながら
またツリーを棚の上に戻して飾りつけをしてたよ。
その後ツリーの周りには・・・




椅子と空気清浄機で囲いをつくって、ツリーには・・・




願い事を書いた短冊をぶら下げてたよ。
クリスマスツリーって、そういうものなの?

僕も短冊に書こうかな。
「優しい家族をください」って。



****預かりおばちゃんより****

初めにツリーを飾った時に、オーナメントを鼻先に近づけてコンコン鳴らしながら
「ダーメ、危ない、イケナイ!!」と教えた甲斐があったからなのか
善吉くんは2週間ほどはツリーを気にすることなく過ごしていました。
ピカピカしたものや音の出るものを警戒する傾向にあるので
ツリーにはそもそも興味はあまりなかったのかもしれません。

しかし、善吉くんは布類がけっこう好きです。
おもちゃでもぬいぐるみが一番好きですし、敷いてあるマットや置きっぱなしになっている衣類は
必ずと言っていいほど、噛んで振り回し、その後は大事そうに抱え込んで噛み千切ります。

ツリーの根本に敷いてある布で遊んでみようと思い立ったのは、善吉くんにとってはごく当たり前のこと。
しかしただ布で楽しく遊ぶつもりだったのに・・・
高さ80僂涼の上から、高さ90僂離張蝓爾落ちてきたのですから、善吉くんは非常に驚いたのでしょう。
普段家の中で走り回ることなどない善吉くんが、全速力で逃げ回っていました。
軽いオーナメントは部屋中四方八方に飛び散り、弾け、まるで逃げる善吉くんを追いかけているようでした。
あんなに焦っている善吉くんを見たのは初めてです。
イケナイと言われていたことをしてしまったのですから、一応「コラ!」と叱りましたが・・・




善吉くんはすでに十分反省していたので、お説教はほんの形ばかりでした。

オーナメントはいくつか壊れツリーは曲がってしまいましたが、なかなか面白い「善吉逃亡ショー」でした。

2014年12月16日(火) No.444

跳び箱


おばちゃんが僕を四方八方から眺めて言うんだ。
「ねぇねぇ・・・」




「善吉くんを横とか後ろから見るとそんなことないんだけど・・・」





「上から見ると・・・」





「跳び箱みたいだよね」





****預かりおばちゃんより****

モリモリ食べて、よーく寝て、善吉くんはついに体重30圓鯆兇┐泙靴拭
骨格もまだ大きくなるのかもしれませんが、最近は筋肉が発達してきて
ヒョロヒョロしていた体が全体的にガッチリとしてきました。
出会った頃は大きな足がものすごく印象的でしたが、今は足に見合った大きさの体になりました。
体格に比例して、力もどんどん強くなっています。

善吉くんはお散歩中に、自分の行きたい方にどんどん進み、やりたいことをやり放題ということは全くありません。
おばちゃんにちゃんと意識を向けて、だいたいおばちゃんに合わせて歩いてくれます。
しかし何か気になるものを見つけると、グイっと引っ張ることはたまにあります。
そんな時にこちらが気を抜いていたら、あっさりと体ごと持って行かれます。
事故や怪我を回避するためには、善吉くんの動きを見ているだけでなく
善吉くんの視線の先も気にしておく必要があるでしょう。

・・・というと、まるで一時も気をぬけないスリル満点の散歩のように聞こえますが
善吉くんの眺めるものを一緒に眺めながら歩くのは、なかなか楽しいものです。

ところで・・・
善吉くんは甘える時に頭を下げておばちゃんに頭をグーっと押し付けるようにするのですが
その姿が本当に跳び箱によく似ているのです。
結局一度も跳び越えられなかった跳び箱、居残り練習をさせられた体育館、
善吉くんの広い背中を見ながら、おばちゃんはいろいろなことを思い出します。
一応念のためにご注意を・・・
善吉くんの背中に手を置き体重をかけて、跳び越えようとしてはいけません。



2014年12月13日(土) No.443

善吉くんと歩こう 


お散歩の途中、おばちゃんの気分次第でしょっちゅうオスワリさせられるんだけど・・・




信号が「赤」の時は必ず座らないといけないんだって。



僕はどんどん先に進みたいんだけど、だからオスワリなんてもどかしくてたまらないんだけど
ここで座ってしばらく待たないといけないことは、もう何となく体で覚えちゃった感じなんだよ。

僕は座って信号待ちをしている時だって・・・





おばちゃんの顔を見てニコッとしちゃったりして、サービス精神満点の男なんだ。

それでもって・・・



遊び心も満点の男だから、リードをガブガブしちゃったりしてるんだ。




****預かりおばちゃんより****

善吉くんのここ1月ほどのブームは、お散歩中にリードにじゃれ付くことです。
何を今さらそんな赤ちゃんみたいなことを?!とちょっと驚いています。
リードで引っ張りっこをしたいというのが善吉くんの希望のようですが
もちろんそんなことはしたくありませんから、リードにじゃれ付き始めたらすぐに
首輪ギリギリの所まで短く持って咥えられないようにします。
それでもワチャワチャしているようだったら、立ち止まって無視して、落ち着くのを待ちます。
リードだけでなく、おばちゃんが肩から下げているバックにじゃれ付くこともあります。
これをやられるとかなり難儀します。
恥も外聞も捨てて、鬼になって叱らなければなりません。
まぁ、その内このブームは去るだろうと思っています。・・・というか、願っています。。。


外に出ても、善吉くんが一番関心があるのはおばちゃんのようで
しょっちゅう顔を見てくれますし、歩調も合わせてくれます。
おばちゃんがもっとうまく誘導できれば、完璧なお散歩マナーを習得させられるのでしょうが
今の所どうもうまいやり方がみつかりません。
頑張ります。
2014年12月06日(土) No.442

善吉くんと歩こう 


今日も元気だ散歩が楽しい!





この道も僕とおばちゃんのお気に入りの一本道なんだ。
今は特にたくさんの落ち葉があって、足音がサクサク・カシャカシャって感じになって楽しいんだよ。
ここはたまーに車が通るから、はしゃいじゃいけないって言われているんだけど・・・





一本道はテンション上がっちゃうよね〜。
おばちゃんも小走りしながら「跳んだら・・・ダメよ、ダメダメ〜」なんて言ってるから
実はテンション上がり気味なんだと思うよ。
僕もおばちゃんも一本道が好きなんだ。


この一本道のクライマックスは・・・




公園広場に続く階段。

僕は階段が苦手だったんだ。
前は這うようにしてソロリソロリと降りていたんだ。
おばちゃんと少しずつ段数を増やして練習して、今はこんなに高い階段だって・・・




降りられるようになったんだよ!
僕、すごいでしょう?



2014年12月02日(火) No.441