お泊りWANKO  [ Perro Dogs Home 預かり日記 ]

どんどんお兄さんになってます。


どーもー、善吉で〜す・・・



ここの家のお姉ちゃん(人間16歳)は時々ホーホーとでっかい音をたてるんだ。
ホルンっていう楽器らしい。
そしてこのホルンの音を怖がるワンコはけっこう多いらしい。
ケージに閉じこもっちゃったり、ガタガタ震えたり、おしっこを漏らしちゃうワンコもいたらしいんだ。
でも僕は・・・



ちっとも平気。なんてことないよ。
僕、強い子だからね♪


****預かりおばちゃん****

善吉くんは音に対して恐怖を抱くことはあまりないようです。
昨年の夏、雷がゴロゴロしている時も全く気にせず寝ていました。
しかし善吉くんが怖いものなしの強者かと言えば、そんなことは全くありません。

家の中でいすや扇風機、大きなごみ箱などを移動させていると後退してじりじりと逃げますし
ソファを動かした時には背中を見せてすっとんで逃げました。
「大きな物」に弱いようです。
自分も十分大きいくせに、変な子です。。。


今日のお散歩で善吉くんは初めてスケボー(若者が乗っていた)を間近に見たのですが・・・
かなり遠い位置でスケボーを発見した善吉くんは一気に緊張し、仁王立ち(?)。
おばちゃんが声をかけても無視、ビクとも動かずガン見。
そしてスケボーが近づいてくると・・・
前足を左右にピョンピョンさせ(リードを離したら跳びかかっていたでしょう)
「ニャァオォォォ〜!ニアァァァオォォ!」という猫のような奇声を上げていました。
(スケボーの若者も、通りすがりの人も、実はおばちゃんも、笑っていました)

気の合わない犬と会った時の攻撃的な唸りやファイティングポーズとは全く違い
とにかく「なんじゃそれ?なんなんじゃそれぇっ?」と興奮して、軽くパニックに陥っていた感じです。

しかしスケボーが通り過ぎるとすぐにケロッとして、おばちゃんの顔を見て
「あれなんだったんだろうね?ちょっと楽しかったね」と言わんばかりの
ウキウキしたような様子でした。

・・・善吉くん、ずい分お兄さんになりました。
以前は緊張した後には大暴れしていたのに、最近はめったにそういうことはありません。
「結局何だかわからなかったけど、まぁそういうものも世の中にはあるだろうよ」とか
「嫌なことがあったけど、まぁもう終わったし。過ぎてみればどってことなかったし」とか
何となく飲みこんで消化することが出来るようになりました。



思春期もそろそろおわりなのかなぁと最近よく感じます。

2015年06月29日(月) No.489

罪と罰


僕は罪を犯し・・・



罰を受けてます・・・



けっこう楽しいです。
2015年06月23日(火) No.488

男・善吉!


****預かりおばちゃんより****

保護当時の善吉くんは警戒心が強く、人の近くで手足を投げ出して寝ることはありませんでした。
体を伸ばして寝ていても、人が近づくとムクっと起き上がるので、
ゆっくり眠らせてあげるために、家族は夜になると善吉くんを遠巻きにして動くようにしていました。
手足や顔、耳やしっぽなどは最初から好きなように触らせてくれましたが
お腹や内股辺りを触られるのは嫌がって逃げましたし、自らお腹を見せることはあり得ませんでした。

それが今では・・・




お腹を優しくモミモミするとうっとりした顔をして、う〜っすらと後ろ足を上げます。
「もっとやってくれ」という感じです。
相変わらず自らお腹を見せることはありませんが、以前よりも抵抗感はぐんと減りました。

そしてそのまま・・・



内股を撫でても、起き上がったり逃げたりすることはありませんが・・・




パチッと目を開けて「そこはダメでしょ?」というような顔をします。
無視して撫で続けても逃げはしませんが、ちょっと緊張しているのがわかります。

ひげや足裏の毛を切る、爪切りをする(少し血が出ちゃった時もあった…)のはへっちゃらですし
耳掃除、肛門腺絞りなども嫌がってモゾモゾ逃げますが、緊張する感じはありません。

お腹辺りを見せたり触られるのは、男・善吉の沽券に係わる!という感じなのかもしれません。
「僕よ、常に犬らしく男らしくあれ!」という感じなのかも?
おばちゃんは普段の甘えん坊な善吉くんを知っているので、笑っちゃいますけどね。

いずれにしろ、何をしてもおばちゃんに対して歯を出して攻撃的になるようなことはありません。

ところで、後ろに見えているソファ。
善吉くんがせっせと破壊し続けて、そろそろ寿命が尽きそうです。。。

2015年06月22日(月) No.487

お姉ちゃんと姉ちゃんと僕


僕はお姉ちゃん(人間16歳)と姉ちゃん(ラブ13歳)が大好きなんだよ。
お姉ちゃんは時々プロレスごっこをしてくれるし、姉ちゃんはいつも優しいんだ。

それで、お姉ちゃんと姉ちゃんが仲良しなのは大いにけっこうだと思うんだけど・・・



僕はちょっと妬いちゃうよ。




だから僕も無理やり参加したんだ。




お姉ちゃんたちに囲まれて、僕うれしい♪


お・ま・け


善吉くんはまた少し大きくなりました。
体高はほぼ70僂砲覆蠅泙靴拭
成長はもうそろそろ止まるだろうと思い始めてから半年近く。
さすがにもう止まるはず。。。

ところで善吉くんはこのように抱えられるのが大嫌いです。
そして善吉くんが立ち上がるのが、先住犬は大嫌いです。
おばちゃんだけが「重い〜」とか言いながら、大いに楽しんでいるのです。。。
2015年06月18日(木) No.486

1人は淋しい。。。


ジメジメモワモワと暑くて鬱陶しい毎日。
僕のお気に入りお昼寝スペースは、前と一緒・・・



風通しがよくてタイルがひんやり気持ちいのいい玄関だよ。
最近は下駄箱の下に頭を突っ込んで、さらにいい感じに寝てるんだ。
僕、よく考えたでしょう♪





****預かりおばちゃんより****

夏本番にはまだ間がありますが、善吉くんにはもう厳しい暑さのようです。
日中はクーラーをつけることもありますし、扇風機はほぼ24時間つけっぱなしです。

善吉くんは涼しい場所を求めてフラフラしています。
一番快適なのは玄関なので・・・



ずっと玄関で寝ていればいいのにと思うのですが、時々フラフラと場所を移動しています。
みんなの様子が気になるみたい。
というか・・・



みんなと一緒にいたいみたいです。
狭い家なので姿は見えていなくても、お互いの気配は十分わかるんですけどねぇ。
善吉くんはベッタベタの甘えん坊じゃありませんが、けっこうな甘えん坊君です。

2015年06月12日(金) No.485

エキサイト→クールダウン


公園では時々、グルグルピョンピョンして遊んでいいことになってるんだ。
おばちゃんにお尻をペンペンっと叩いてもらうと・・・




僕はすぐに遊びモードになって弾けるんだ。
鼻を地面スレスレに下げてグルグル〜って走り回ったり・・・




おばちゃんにプレイバウのポーズを決めてみたりして、僕は大いに楽しむんだ。
ドンくさいおばちゃんは僕の動きについてくるのに必死だよ。
それですぐに、おしまい!って言うんだけど・・・



僕の盛り上がった気分は、そんなにすぐには止められなくて・・・




まだたまに、おばちゃんに体当たりしちゃうこともあるんだ。
そうすると、ものすごく怒られるんだよね。
えへへ。



****預かりおばちゃんより****

早朝や夜の誰もいない公園で、善吉くんとのんびり遊びます。
たまに、わざと気分を盛り上げます(掛け声やお尻ペンペンですぐに盛り上がります)。
エキサイトしている状態から、コマンド(オスワリ・マテ)で
すぐにクールダウンできるよう練習しているのですが
なかなかすんなりうまくは行きません。

コマンド+リードを引く→のろのろ渋々オスワリという具合です。
しかし以前は聞く耳が全くないという感じだったのが、
今は「聞こえているけど無視したい」というような感じなので
少しは進歩しているように思います。
頑張ります。

体当たりしてくることはほとんどなくなりましたが、皆無ではありませんので
こちらも根気よくトレーニングするつもりです。
頑張ります。。。







2015年06月08日(月) No.484

楽しく、少しだけ、筋トレ


ここもよく行くお散歩コースで、僕のお気に入りの場所なんだよ。

舗装道路はおばちゃんの左について真っ直ぐ歩かないといけないルールなんだけど
ここは登って、草むらをクンクンしたりしていいことになってるんだ。



發気錬苅亜腺僑悪僂らい、僕は助走なしでヒョイっと上がれるんだよ。
ここは僕だけじゃなく、ワンコたちに人気の場所で、いろんなにおいがして・・・



楽しいんだ♪
電柱とか植木を避けて、降りたり登ったりしながら進むんだ。
おばちゃんは「いい筋トレになるね」って言ってるよ。
降りる時にはもちろん・・・



跳び下りたりしないよ。
そーっと、ストンっと降りるんだ。

他のワンちゃんが来たら、僕はすぐに道路に降りるんだよ。
(というか、おばちゃんに降りろ!って言われるんだけど)
それで、優しそうなワンちゃんだったら・・・



ご挨拶するんだよ。


****預かりおばちゃんより****

保護当時、善吉くんの歩様はフワフワと頼りなく、後ろ足がかなり内股になっていました。
(痛みがあるような素振りは、歩行中もそれ以外でも、以前も今も、皆無)

獣医師に診てもらいましたが、現段階では股関節などに問題はないそうなので
一番の成長期に栄養と運動が足りていなかったせいではないかと考えています。
ドッグスポーツなどで過度な運動をすることは避けた方がいいとのことでしたが
通常の散歩なら支障はなく、むしろ歩いて筋肉をつければ成長とともに
歩様もしっかりしてくるだろうという診断でしたので、10か月間よーく歩きました!

現在、後ろ足には筋肉がつき、歩様はしっかりしています。
長い脚でリズミカルに進み、長い毛が風になびくと、何となくフワフワ感がありますが
踏ん張る力もつきましたし、跳躍力もなかなかのものです。

後ろ足や胸の辺りがもう少したくましくなると格好よくなりそうなのですが
それには軽ーく走らせる必要があるでしょう。
しかし・・・
善吉くんが軽ーく走る速さは、おばちゃんの全速力と同じくらいですから
最長1分くらいしか走らせることができません。。。

2015年06月04日(木) No.483

素晴らしき慎重派


よく行くお散歩コースで・・・



どんどんおばちゃより背が高くなるんだよ。



見晴らしが良くてなかなかいい感じ♪
でもね・・・



發い箸海蹐ら飛び降りたら危ないでしょう。
だから僕は、ちゃんと引き返すんだ。
それに低いところからだって・・・



エイヤっ!と跳び下りたりしないんだよ。
怪我したら危ないからね。
痛い痛いのはイヤだからね。

みなさん、安全確認はとっても大切ですよー!



****預かりおばちゃんより****

善吉くんはずいぶんいろいろなことに慣れて、ちょっとした冒険に
チャレンジするようにもなりましたが、相変わらずかなりの慎重派です。

よく見て→ゆっくり進み→退路にも気を配り→目的を遂げても気を抜かず。
途中で行き詰ってしまった場合には、安全が確認されるまでは動きません。
その場合も、「おばちゃん、どうにかしてくれ!」とじっとしているだけで、
怖くて動けない訳ではないので、誘導すれば素直に従うことができます。

我が家に来て今日でちょうど10ヶ月が経ちました。
その間、おばちゃんの目から見て「危ない!」というようなことはしたことがありません。
推定月齢6ヶ月から16ヶ月でこの慎重さは、おばちゃんには驚異的なものに感じます。
大型犬が落ちたり滑ったりすれば、大ケガになりかねませんから
これは善吉くんの持つ、素晴らしい自衛本能なのかもしれません。
おばちゃんは無茶無謀上等!のレトリーバー系の大型犬しか知らなかったので、
善吉くんの慎重さには本当に感心しています。

しかしやはり今でも・・・
善吉くんの周りにいる者、特にいつも一緒にいるおばちゃんは毎日けっこう痛い目にあっています。
頭突き、足を踏まれる、善吉くんを避けようとして自分が転ぶ・ぶつかる・落ちるなどなど。
大型犬と暮らす醍醐味の一つ、「痛み」も十分堪能しております(涙)。

2015年06月01日(月) No.482