お泊りWANKO  [ Perro Dogs Home 預かり日記 ]

甘えん坊の梅吉くん


僕は一日中、一人でフラフラと遊んだり、一人でゴロゴロと寝そべったりして過ごしているよ。
この家の兄ちゃん(Mシュナ)はいつもおばちゃんにぴったりくっついている超甘えん坊なんだけど
僕はそれほどでもない。
おばちゃんが何となく見えていればいいやってくらいだし、お留守番だってできるよ。

だけど時々ふと・・・




甘えたくなるんだ。
そんな時には、おばちゃんの膝に手をかけて、お腹と顎をペターっとくっつけるんだ。
しばらくそのままじっとして、甘えん坊パワーを充電するんだよ。



満タンになったらまた一人でフラフラゴロゴロするんだ。

ちなみに、おばちゃんの方から甘えてくるのはいつでも大歓迎だよ。
おばちゃんは相当しつこく甘えてくるけど、僕は好きなようにさせてるんだ。



****預かりおばちゃんより****

梅吉くんは一日に何度か、先住犬2匹が近くにいない時を見計らっておばちゃんに甘えます。
カメラが苦手なので、↑の写真では梅吉くんの肩の力(?)が抜けきっていませんが
いつもはもっとくたーっと体をもたせ掛けてきます。
母性本能をくすぐる術を心得ているとしか思えないような可愛らしいしぐさです。

以前預かっていた甲斐犬ミックスの男の子もよくこのようなことをしていました。
まだ子どもだった甲斐くんは初めは膝に飛び乗ってきていましたが、それを止めた頃に
梅吉くんと同じように手をかけてくたーっとするようになりましたから
抱っこに変わる甘え方だったのだと思います。


ペロの保護犬で同じ柴犬の298カンペイくんはこんなことはしないそうです。
カンペイくんの預かりさんは身もだえしてうらやましがりつつ・・・
「散歩やご飯などを要求している行動ではないか?」という負け惜しみ、ではなくご指摘をくださいました。
よーく観察したのですが、何かを要求するようなタイミングではなく
またこれまでそうしたことでご褒美のおやつなどをあげたこともないので
やはりこれは純粋なる「甘えん坊」だと思われます!

それでも強いて言うならば・・・



抱っこが好きな梅吉くんの「抱っこして」要求行動かもしれません。
いずれにしろ、甘えん坊です♡



2014年05月27日(火) No.388

ドッグラン 


ボールを持ったおばちゃんと追いかけっこもしたよ。




おばちゃんはモタモタヨタヨタした走り方だったけど、それでも僕は楽しかったんだ。
おばちゃんがジグザグモタモタしている横を、僕はちょろちょろ走り回ったよ。




人と遊ぶのも楽しいもんだなぁって思ったよ。

それからやっぱり広々としたお外は気持ちがいいね。




ゴローンと体を伸ばしてお空なんか見ちゃったりして、本当に気持ちが良かったよ。
僕はドッグランがすごく好きになっちゃった!

ドッグランの後には・・・




カフェってところにも行ったんだよ。
おばちゃんたちは何やら美味しそうなものを食べていたけど、僕には何にもなかった。
でも僕はオネダリなんかせず、静かにいい子にしていたよ。

また遊びに行きたいな。



****預かりおばちゃんより****

以前、梅吉くんがもっと人と一緒にいろんなことを楽しめるようになるといいなぁと書きました。
あれからまだ2か月もたっていませんが、すでに梅吉くんは人と一緒に遊ぶ喜びを知りました。
何か楽しいことをしてくれるかな?という期待を込めた眼差しをして一生懸命ついて回る様子に
おばちゃんは嬉しくて、そして愛おしくて、ワーッと叫びたくなるような気分でした。
そんなことをすれば怖がられてしまうことは間違いないので、ぐっとこらえましたが。
不器用で慎重派の梅吉くんですが、この先もっとどんどん人と寄り添う術を覚え、喜びを知り
最高のパートナーとなることも、間違いないと思います!

2014年05月17日(土) No.387

ドックラン 


アニーママさんにはこの時初めて会ったんだ。
僕はいつものように控えめに、ちょっと後ずさりする感じで、でもまぁまぁちゃんとご挨拶ができたよ。
しばらく姉さんと走っている間に、ママさんともけっこう仲良くなって
姉さんと一緒に後ろをついて回ったりもしたんだ。




アニー姉さんはアジリティっていうスポーツをやってるんだって。
だからママさんと息をピッタリ合わせて動くことができるんだ。





僕はそのまわりをウロチョロ走り回って、すごく楽しかったんだよ。

でも、あの日はとっても日差しが強くてね。
ママさんは途中からサングラスをかけたんだ。
そうしたら・・・




僕、なんだか怖くなってきちゃったんだよ。
さっきまで一緒に走っていた人だってことはわかってるんだけど
どうにもこうにも怖い気持ちが止められなくて、もう近寄ることができなくなっちゃったんだ。

ママさんはそんな僕をなんとかなだめて、盛り上げようとしてくれたよ。




普段の僕だったら、怖い!と思ったらもう自分でもどうにもできない感じなんだけど
ママさんが上手になだめてくれたから
(ビクビクしながら)おやつを手からもらったり
(ビクビクしながら)撫でられたりもしたよ。

僕って、いろいろ気苦労が多いタイプみたい。



****預かりおばちゃんより****

梅吉くんの「恐怖感」が生まれる瞬間と、それを克服しようとする様子を偶然にも観察することができました。
梅吉くんが過去にサングラスをかけた人に何かひどいことをされたのかどうかはわかりません。
でもおばちゃんはそうではなく、さっきまでと違うもの、思っていたのと違うものに対しての
新たに生まれた恐怖感なのではないかなぁと感じました。

確かに目の周りが突然真っ黒になり表情が読み取れなくなる。
そしてその理由がさっぱりわからないというのであれば、怖くなるのもわかるような気がします。

しかしたいていのワンコは「そういうこともあるかもね」という程度の認識で
これまでの関係や周りの様子から、危険か危険でないかを判断しているのではないかな?
梅吉くんに判断力がないということではなく、判断する余裕がないという感じに見えます。
怖い!と思ったら、もう頭の中は怖い!怖い!でいっぱいになってしまう。

この時は、逃げ場が確保されている広いドッグランだったことと
アニーママさんがワンコのスペシャリスト(ペロのベテランスタッフです)だったことで
梅吉くんが頭の中で恐怖をどんどん成長させるというようなことはなく
その後は少し距離を置きながらも、走ったり寝そべったりして自由に楽しんでいました。

以上のようなことが観察できましたが、では今後どうしたらいいのか?と言うと、よくわかりません(汗)。
ただ、梅吉くんの恐怖にあまり敏感になり過ぎない方がいいのだろうなという感じはしています。
本犬は困っているのでしょうが、周りに迷惑をかけるような怖がり方ではないし
何が正解かわからないなら、ほって置くのが一番!というおばちゃんの怠慢もあります(大汗)。

まぁ、とにかく・・・
梅吉くんのそういうところもひっくるめて、大変興味深く、そしてめちゃくちゃかわいくて愛おしいのです。

2014年05月16日(金) No.386

ドッグラン 


アニー姉さんは、ママさんとボール遊びをしていたよ。
「モッテコイ」っていう遊びらしいんだけど・・・




僕はとにかく走れればいいんだ。
だから姉さんの後ろを一生懸命追いかけたよ。




姉さんは僕のことなんて見向きもせずに、ママさんに向かってまっしぐら。
僕とも遊んでほしいなぁ。。。と思っていたら、おばちゃんが遊んでくれるって。
おばちゃんと僕で「モッテコイ」をやろうって。

できるかなぁ〜・・・



ていうか、「モッテコイ」って何???
僕はボールを追いかけるのが楽しいんだ。
ボールを咥えているのも楽しいんだ。

とにかく走るのが楽しいんだ♪




おばちゃんがボールを投げて、僕が走って追う。
僕はボールをしばらく咥えて歩き、それからポンと転がす。
それをおばちゃんが歩いて拾いに行く。

けっこう楽しい遊びだったよ!



****預かりおばちゃんより****

室内で「モッテコイ」の遊びを上手にしていたので、ドッグランでもやると思ったのですが
投げたボールを追うことはしますが、おばちゃんのところに持ってくるという気持ちは全くなかったようです。
室内でしていたのは、どうやら「モッテコイ」ではなく、
梅ちゃん的には「マタナゲテ」という遊びだったようです。

この後、何度か「モッテコイ」にチャレンジして成功率は50%くらいになりました。
しかし・・・
「コイ」でおばちゃんのところに来て、「チョウダイ」(のゼスチャー)でボールを離すという感じで
「モッテコイ」の遊びの一連の流れを理解して、楽しんでいたかどうかは・・・微妙です。

いずれにしろ、梅ちゃんはとっても楽しかったようです。

2014年05月15日(木) No.385

ドッグラン 


この間、僕はアニー姉さんと一緒に遊んだんだよ♪




最初に誘ったのは僕。
姉さんはすぐにノリノリで走ってくれたよ。




姉さんは走るのが速いんだ!
でも僕だって負けないぞ〜・・・




どんどん距離が開いちゃったけど。

遊び上手な姉さんは、追いかけっこだけじゃなくて、時々ぶつかり稽古もしてくれたんだ。



姉さんの自慢の美貌が・・・。


ドッグランはすごく楽しかったんだ。
だから楽しかったお話を、これからしばらく続けるね。
2014年05月14日(水) No.384

趣味は穴覗き?


僕は穴があると・・・





覗かずにはいられないんだ。




昨日覗いた穴を、今日も覗かずにはいられない。
そして僕は、きっと明日も覗くだろう。






2014年05月06日(火) No.383

言葉を超えて?


おばちゃんが新しいおもちゃをくれるみたい。



僕はびしっとオスワリをして待つんだ。




さっと前に出されたら、パクッとね。




あとうはもう、一心不乱にガジガジ、ガジガジ、ガジガジガジガジ・・・




ふふふ、楽しいなぁ。



****預かりおばちゃんより****

梅吉くんはほしいものがある時には、おばちゃんがオスワリ!と言う前に、自ら座ります。
言い換えれば、ほしいものがない時には、おばちゃんがオスワリと言っても、あんまり座りません。
オスワリ、オスワリ!オースーワーリッ!!とシャウトして、やっとのろのろ座る感じです。

咥えている物を取り上げたい時には「オフ」と言います。
梅吉くんは・・・無反応です。

でも手でちょっと引っ張れば、すぐに口を開けておばちゃんに渡してくれます。
どんなにお気に入りのおもちゃでも、ご飯でもおやつでも、お散歩中に拾ったお菓子の空き袋でも
全く怒ることなく、すぐにおばちゃんに渡してくれます。

また咥えてはいけないとわかっている物(靴など)に関しては、おばちゃんに見つかって
小さな声で「あ?」と言われただけで、ぽろっと口から落とします。

とっても良い子です。

ちなみに↑で梅吉くんがうっとりと遊んでいるのは使い古したしゃもじです。
本当に良い子です。



2014年05月02日(金) No.382