お泊りWANKO  [ Perro Dogs Home 預かり日記 ]

善吉くん、最後のご挨拶。


横浜市の動物愛護センターからこの家に来た頃・・・



僕は今の半分の大きさしかなかったんだ。
中身の方もまだ赤ちゃんに毛がボーボー生えたくらいなもので、好き放題暴れていたっけ。

でも僕はモリモリ食べて、大きくなった(本当)。
それにバリバリ勉強して(嘘)、立派な大人になった(大嘘)。
そうして僕は今日、犬生の新しい第一歩を踏み出したんだ。

ついに本当の家族ができて、僕にも苗字ができたんだよ。
できたらしいんだけど・・・



僕の生活はまったく変わってないんだ。
きれいなお姉さんが出来たとか、毎日牛肉祭で嬉しい雄叫びが止まらないとか、そういうことは全然ない。
2年前からこっち、まったく変わらない。

そしてどうやら、僕の犬生はこれからも変わらないようなんだ。
僕は預かり宅の子どもになったんだよ。




またいつかどこかで会いましょう。
これまでたくさん、どうもありがとう。
ばいばい。




****預かりおばちゃんより****

善吉をセンターから引き出したのは2014年の夏でした。
顔は今よりずっとあどけなく、行動も子供らしく天真爛漫でした。
しかし体重はすでに20圓鯆兇┐討り、愛らしい天真爛漫は破壊的な暴力と紙一重でした。
それでも明るく人懐っこい善吉にはすぐに本当の家族ができるだろうと考えていましたが、
なんと保護期間は2年を過ぎてしまいました。
ほんの数件だけご応募はあったのですが、飼育条件が合わなかったり、
大型雄犬特有の成長途上の難しい時期と重なってしまったりして、ご縁は結ばれませんでした。
そしてかわいい幼年期を過ぎてからは応募も問い合わせも途絶えてしまいました。

心身共に意外と細やかなところのある善吉は胃腸が弱く、体調を崩しがちです。
皮膚疾患にも悩まされてきました。
預かり宅で観察、試行錯誤してきて、微妙な健康管理法がやっと見えてきたところです。

以上のような理由から、善吉にぴったりのご縁を望む難しさを考え、預かり宅の愛犬として引き取ることにしました。
しかし正直に言えば・・・
預り家族の善吉への愛情が強くなり離れることが辛くなったというのが、一番大きな理由かもしれません。

保護期間の2年間も善吉は先住犬と同じように過ごしてきたので、
正式に我が家の愛犬になったからといって生活は何も変わりません。
これまでの預かり日記にあったような善吉と先住犬とのドタバタ楽しい毎日が続くよう、家族一同努力してまいります。
これまで善吉を温かく見守っていただきまして、本当にどうもありがとうございました。

最後にこの2年間で一番笑った写真を・・・




2016年09月14日(水) No.559

甘党


****預かりおばちゃんより****


善吉くん、初めて手作りケーキに遭遇。



甘い香りをフンガフンガ吸い込んで、おめめキラキラ☆



作っている時から興味津々で、善吉くんはケーキのそばを離れませんでしたが
用心深いおばちゃんもケーキから片時も目を離さなかったはずなのに
善吉くんのお口周りにクリームが!
もちろんすぐに雷を落としたわけですが・・・



キョトンとしたお顔。

おばちゃんがケーキを冷蔵庫に入れている間に、ボールに残っていたクリームを舐めてしまいました。
テーブルの上の物を食べてはいけないということはしっかり理解していると思っていたのに
全く悪びれた様子はなく、無邪気なお顔で「美味しかった♪」と報告までしてくれました。



これまで盗み食いはしたことがなかったので、油断していました。
善吉くんはどうやら甘党のようです。
今後、気をつけます。
2016年08月24日(水) No.558

今年も丸刈り!


冬が終わったばかりの頃、3月半ばくらいから僕はもう・・・


(3月下旬)

暑くて、時々かゆかったんだ。
そんな時には、おばちゃんが一緒にお外に出てくれたり、痒いところをポンポン叩いてくれたりして
何とか5月半ばまではモフモフのまま頑張ったんだよ。

でもまず耳がダメになっちゃったんだ。
痒いし、耳垢が気持ち悪くて、頭をしょっちゅうブルブル振ってばかりいたよ。
耳洗浄をまめにしたり、薬をいれたりもしたんだけど、治らなかったんだ。
おばちゃんが「そんなに頭を振り回したら、バカになっちゃう〜」って言って、とりあえず・・・


(5月半ば)

耳の周りの毛をジャンジャン切ったのが始まりで、その後はもう・・・



(6月半ば)

体中、ジャンジャン・ジャカスカ切って切って切りまくられて
7月の初め頃には、頭と顔としっぽの毛がちょっと長めで、あとは5ミリくらいの丸刈りになっちゃった。

去年はプロのトリマーさんにバリカンで刈ってもらったけど、今年は素人(おばちゃん)のハサミ一本。
まぁ、なんていうか、お粗末な、というか、ぶっちゃけ、かなーりみっともないことになってるよ。
でも僕は真の男だからね、見た目なんか気にしないよ。
ルックスよりもスッキリ涼しい方が大事なんだ。

それにどうやら・・・
モフモフの時より「オモシロ度」がグンとアップしてるみたいで、
お散歩で会う人がみんなニコニコ、たまにゲラゲラ笑ってくれるんだ。
僕を見て、誰かが楽しくなるなら、それってとてもいいことじゃない?




****預かりおばちゃんより****

モフモフ善吉くんファンのみなさま、申し訳ございません。
何とか刈らずに夏を越したいと考えていましたが、
耳から始まり、しっぽ、手足、腹部など部分的にカイカイが発症したため
温度を下げ、通気性をよくし、薬を塗りやすくするために刈らねばならず、
結局今年も丸刈りになりました。。。

しかし一時・部分的に真っ赤になり、掻き壊してかさぶたになっていることもありますが
去年、一昨年のようなホットスポット、膿皮症といわれるような本格的な(?)皮膚病には今年はまだなっていません。

善吉くんとの夏も3回目ということで、これまでの経験を踏まえ・・・

’┐蕕気覆ぁ扮の日は外に出さない)
⊂らさない(もし濡れてしまったら、乾燥を徹底する)
H茲譴気擦覆ぁ別髪嵶歪祺爾鯔匹亜

などのことを、春先から気を付けてきました。
フードは通年ずっとアレルギー対応のものしか与えていません。

以上の対策の効果が出ているのか、または推定年齢2歳半となり体が安定したきたのか
今のところ膿皮症の一歩手前で何とか踏み堪えている状況です。
厳しい暑さはまだ続きますから、今後変化があった場合にはまたご報告いたします。

ところで、去年の梅雨〜夏はカイカイだけでなく、下痢にも悩まされましたが、今年はそちらは問題なし!
だいたい一日1回、たまに2回、色ヨシ固さヨシ大きさヨシの良好ウンチでおばちゃんを喜ばせてくれています。
やはり大人になって体がだいぶしっかりしてきたのかもしれません。


ちなみに、ハサミでチョキチョキは・・・



善吉くんがネムネムで何をされても無反応になった、夜9時以降に行います。
2016年08月05日(金) No.557

さよならモフモフ


****預かりおばちゃんより****

洗い立てでフワフワサラサラモフモフの善吉くんにも・・・



フワフワの毛をなびかせて空を見上げる善吉くんにも・・・



モコモコのお尻をフリフリする善吉くんにも・・・



もう会えません。
・・・しばらくの間はね。

今年もまた暑さ対策、カイカイ予防のため、善吉くんは丸刈りになりました。
とってもかっこいいライオンフェイスも・・・




しばらく、さようならです♪


2016年08月01日(月) No.556

一口サイズ


ここのお家では、おやつはタダではもらえない。
オスワリとかフセとか僕にとってはちゃんちゃらおかしいような芸だけど
何かしらやって見せないとおやつはもらえないんだ。

お肉はたまーにご飯の上にちょろちょろっと乗っていることがある。
だいたいは鶏肉だけど、たまーーーに僕の大好物の牛肉が乗ることがあるよ。
ほんとにたまにね。
ま、要するにとってもケチなお家なんだ。

でも・・・



野菜はけっこうバンバンくれるよ。
ご飯にはキャベツとか大根とかをみじん切りしたのが乗ってるし
ふかしたお芋を姉ちゃん(ラブ)兄ちゃん(シュナ)と分けて食べることもあるんだ。
それからこんな風に大きな野菜をハイドーゾなんてこともあるんだけど・・・



僕、こんなの食べられないよ。
かぶりついて引きちぎって食べるなんて、そんな野蛮なこと僕にはできないよ。
僕はお上品な家庭犬だから、食べ物は一口サイズでお願いしますね。






****預かりおばちゃんより****

同じ家でけっこう長いこと暮らしているのに
なぜ善吉くんだけこんなにお上品なのかさっぱりわかりません。



いつも姉ちゃんをリスペクトしている善吉くんですが
お食事マナーに関しては真似したくないようです。
善吉くんはやっぱり賢い!それが正解です。



2016年07月17日(日) No.555

勇気を出して!


僕を置いていかないで・・・



僕もそっちに行きたいんだ・・・



僕、頑張るぞ・・・



僕、やればできる男なんだ♪



満足満足♪



****預かりおばちゃんより****

我が家の引き戸の滑りは問題なく、スルスルと軽い力で簡単に開けることができます。
先住犬はドアに1センチほどでも隙間が開いていれば、軽々開けて出入りしています。
しかし善吉くんにとっては「ドアを自分で開ける」というのは、けっこう勇気のいる作業のようです。

2016年07月05日(火) No.554

肝っ玉は小さめ?


暑いね。
でもまだ夏じゃないっていうんだから、おどろいちゃうよね。

かしこい僕は・・・



暑さは寝てやり過ごすんだ。
無駄に動けばさらに暑くなっちゃうからね。
「無駄運動ゼロ!ノーモア夏バテ!」のスローガンを掲げた僕は、少々のことでは起きないよ。

おばちゃんの・・・



熱い視線がネットリ絡みついてきても、無防備な寝姿を無許可でバシャバシャ撮られても、じっと我慢。
しかし・・・



おばちゃんはしつこかった。
耳元で「善吉さん、善さん、ぜーーんく〜〜ん♪」とささやかれ続け、しまいにはおててをムギュゥッと。
あぁ、もう・・・



勘弁してください。



****預かりおばちゃんより****

少しビビリなところがある善吉くんは、驚かされることが嫌いです。
こちらに悪意がなくても、寝ているところをおどかしてしまった場合
ちょっと怒ることがあります。
家族に対しては本当にほんのちょっとです。
「なんだもー!」という目つきで(?)3秒睨むいう程度で、
唸ったり、ましてや噛んだりすることはありません。
しかし大きな体の小心者くんを驚かせるのはかわいそうなので、
起こしたい時には、そろそろとジワジワと迫っていくか、
遠くで物音をさせたりして、ビクっとさせないようにしています。

・・・まるでものすごく細やかな心使いをしているようなことを書いてしまいましたが
   実際にはガサツで大雑把なおばちゃんは、善吉くんをしょっちゅう驚かせています。
・・・「なるべく驚かせないよう気をつけなくてはいけないのではないだろうか」というお話です。
2016年06月27日(月) No.553

怒らない。


この間、僕は久しぶりにお気に入りのおもちゃにめぐりあえたんだ。



噛み心地は、硬からず柔らかすぎず絶妙。
ぎゅっと噛むとピューっという音が鳴るんだけど、その音も大き過ぎなくて絶妙。
(大きすぎる音は、苦手なんだ)

僕にしては珍しく・・・



けっこう長い間、おててでしっかり押さえてアムアムして遊んだよ。
夢中になって遊んでいたんだけど、ふと気が付いたら
おばちゃんが、ジトーーっと見てたんだ。
おばちゃんもこのおもちゃがほしいのかな?
でも・・・



どうしてもほしいならあげてもいいんだけど、でも、まだもう少し遊びたいんだよなぁ。。。




****預かりおばちゃんより****

善吉くんはモノを取り上げられることで、怒ることはありません。
お気に入りのおもちゃ、遊んでいる最中のおもちゃ、いたずら中のスリッパなどだけでなく
おやつやご飯の器を途中で取り上げたり、器に手を入れたりしても怒りません。
ただ「え?これは僕のものだけど…」というような、悲しそうな顔をするだけです。

※善吉くんは元捨て犬ですが、飢えた経験はないようです。
 食への執着心は一般的なワンコより希薄な方だと思います。

・・・しかしそれは気心の知れた預かり家族相手のことであって
見知らぬ人に対しても絶対に怒らないかどうかはちょっとわかりません。
また相手がワンコの場合には、無理やり奪われそうになれば反撃にでるのではないかと思います。

自分のモノは誰にも譲らない、近寄らせもしないというような気持は全くありませんが
誰にでも、何でも「どうぞどうぞ」というほど寛容という訳でもありません。
モノへの執着心や独占欲という点においても「程々」、つまり普通のワンコ並な善吉くんなのです。


< お・ま・け >
プロにシャンプーと足回りの毛のカットをしてもらった直後の前足。



大きさは女性の握りこぶしくらいです。
真っ白&ぷっくりで、かわいいでしょう!
ドラえもんの手にちょっと似ています。

善吉くんはアスファルトより土の場所を好みますし、前足でよく土を掻くので
あっという間に汚れてしまい、すぐに茶色くなってしまいました。
また足先の毛も、手入れしないとボサボサけっこう長く伸びます。
2016年06月11日(土) No.552

バックオーライ


僕は「身の丈」ってものをちゃんと知っているんだ。
1日2回6時間のお散歩をしたいとか、毎日最高級の松坂牛が食べたいとか、
100人のお姉さんに囲まれ続けたいとか、そんな無茶な願いは持ってない。
安全安心で健康な生活、そして優しい家族がほしいなぁというのが僕の願いだよ。

「身の丈」は知っている僕だけれど・・・



身の幅…っていうか、「身幅」はよくわからないんだ。
Uターン不可能なところに踏み込んでしまって・・・



バックでジリジリ戻らないといけない事もしばしば。
おかげでだいぶバックがうまくなったよ。

Uターンの方は・・・



まだ下手っぴぃで、ボディをこすりまくりだけどね。


2016年05月27日(金) No.551

善吉くんと子ども再び、そして善吉くんとお姉さん♡


****預かりおばちゃんより****

昨日の日記、小学生たちと善吉くんの様子をもう一度。



この時は元気な女児たちでしたが、善吉くんは実は男児の方がお好みです。
女児はしゃがんで目を見て優しく話しかけ、撫でてくれることが多いのですが
善吉くんはそれはちょっと苦手です。
一方、男児は目を見ず、近寄り過ぎず、しかし楽しげに身振り手振り大きく
大勢で騒ぐことが多く、それは善吉くんの遊び気分にマッチするようです。

※男児たちが「やべぇ!でけぇ!睨まれたっ!!逃げろ〜」などと言って
 目を見ず、手を出さずに周りではしゃぐ遊び方は、
 犬の礼儀にけっこう則っているのではないかとおばちゃんは感心して見ています。


さて、こちらは中学生女子に囲まれた善吉くん。



中学生や高校生だと、善吉くんは女子の方がお好みです。
黄色い声で「かわいぃ〜」なんて大勢に迎えられると嬉しくてたまらないようです。
子ども相手にキャッキャとはしゃぐのとは全く違い、テレテレ、またはデレデレしています。

そして善吉くんが一番お好みなのは・・・
女子大生やOLさん風の若いお姉さんです。
若奥さまや若いママさんなどもかなーり好きです。
つまり、結婚適齢期的な?お年頃の?女性ということでしょうか。
テレテレデレデレを超え、全身でデレンデレンしている様子は、見ていて恥ずかしくなるほどです。

ちなみにおじさんとおばさん、またはおじいさんとおばあさんの間には
あまり差はないように見えます。


善吉くんは老若男女すべての人がとっても好きです。
しかしお姉さんは特に大大大好きなのです。



2016年05月05日(木) No.550