Happy Together  [ Perro Dogs Home 預かり日記 ]

みんな大好き




 ポッキーは、当初から見ると、別犬のように変化しました。
 ですから、お散歩の様子も随分と変わりました。

 最初は、音に臆病に脅えながら、食べ物を探すようにクンクンと臭いを嗅いでばかりいました。
 その仕草は食べ物への執着が強い迷子犬の姿そのもので、ポッキーが一層不憫で愛しくなったものです。

 知らない道は尻込みし先に進もうとはせず、犬には絶対自分から近づこうとはしない用心深さ、近寄られると逃げ腰で抱っこをせがっていました。

 今や、それらをすべてと言っていいほどクリアし、お散歩が大大大好きです。

 1時間以上、元気で歩きます。陸橋の電車の通過音も、工事音も平気です。
 他犬に自分から寄って行くこともあり、大型犬との挨拶だってへっちゃらです。
 カラスや鳩を見ると、遊びに誘うように近づいて行ったりします。
 猫も犬も子供も大人も、自転車のお兄さんも、み〜んな大好き。
 嬉しそうに楽しそうに、丸いヒップとフサフサの尻尾を揺らしながら飛び跳ねるように歩きます。

 たっぷりお散歩すると、熟睡できるんですね。



 最近、雨続きで、困ったものです。
 早く、春らしい陽気にならないでしょうか。
 おお、寒。。。。


 

 

 
2010年04月15日(木) No.29

東京タワー<スカイツリー




 スカイツリーの高さが東京タワーを抜いたと、マスコミが騒いでいます。
 散歩中にヘリが旋回しているのも、その取材かな?

 それならと、ポッキーとスカイツリーのツーショットに挑戦してみました。
 写メだけどてっぺんまで入りました。
 ポッキーもまるでモデル犬のようでしょ?
 
 元気印のポッキー。
 自分の身体が隠れるほどの草むらの上を走る後姿は、まるでリスです。
 芝よりも、何故か草が茂った方に入るのが好きで、リードに引っ張られながらのリス走り。
 先住犬も負けじと先を争そい、付き合って仮ママもザクザクと草むらへ。
 静かなお散歩をしている人から見たら、ハテナな光景かも。

 ポッキーだって静かなお散歩も出来ますよ。
 住宅街コースは、道路の端っこをリード短めで歩きます。
 マーキングはしません。それどころか、オシッコもウンPも、家ですませて出ると道路ではしないので助かります。

 信号のオスワリ待ちの訓練中です。
 落ち着きのない幼犬時代真っ最中なので、じっとしているのは苦痛なんでしょうね。30秒が限界です。

 それでもいいのよ。
 いつかは出来ると信じているからね。

 だって、ほら。
 オスワリして写真撮らせてくれました。


 
 



 


 
2010年03月31日(水) No.28

毎日元気です




 雨が続いているので、ワンコたち、運動不足なのでしょう。
 食べている時、寝ている時以外は、激しいバトルを繰り返しています。
 オモチャの取り合いがほとんどです。

 ポッキーがあちこちから大切そうに銜えて来るオモチャ。
 それは、スリッパだったり、洗濯物だったり、本だったりと、ありとあらゆるものが興味の対象なんですね。
 玄関から息子のスニーカー(28cm)を運んで来た時には、爆笑でした。
 ポッキーの身体の半分くらいもありそうな大きさです。あがりかまちをどうやって引きずりあげたのかしら?

 仮ママが「コラァー!!」と怒鳴るのは、喧嘩をしている時に限るので、先住犬のいない家庭に迎え入れてもらうのがいいかも、と思ったりするのですが。でも、

「あら?静か…」
 ふと見ると、先住犬が寝ている横に入り込んで眠っているこんな姿が。



 可愛くていつまでも見ていたくなります。


 

 

 


 
 
 

2010年03月26日(金) No.27

教え、その◆B雉淙




どの犬もそうかもしれないけど、ポッキー、宅急便が大好きです。
チャイムが鳴ると、仮ママ、先住犬と先を争うように玄関に出たがります。
玄関ドアが開いて外に飛び出てしまったら大変です。

そこで教えその△任后
リビングで「待て」を教えようとしています。

ですが……
何しろ、模範を示すべき先住犬にその教えが徹底していないもので、目下苦戦中です。
配達されるダンボールはすべて食べ物か自分のオモチャが入っていると思っている先住犬。配達員さんが大好きです。
決して吠えません。大喜びです。
それがポッキーにも伝播してしまうようです。(汗)

良い事だけ真似してくれたら言うことなしなんだけどねぇ、ポッキー。







2010年03月15日(月) No.26

吠えない方だけど、それでも少しは




 何にでも興味津々。落ちている物、視界に入る物は必ずクンクンと確かめずにはいられないポッキーです。
 当初のおっかなビックリ腰はどこへやら。今では先住犬よりも先になって行動したがるようになりました。
 それでちょっとした争いに発展します。
 小さなポッキーは体力勝負では不利。そんな時には小型犬特有の空威張り吠え攻撃が始まります。
 
 啼かない性格なのかと楽観していたのですが。
 そこは、ポメ。そうはいかないようです。
 
 啼くのは、仮ママが出かける時と帰宅した気配を感じた時。
 先住犬とのバトル、オモチャの奪い合い。
 それくらいかな。
 外の音には無関心。猫には全く興味なし。鳩は追いかけますが。

 外で思い出しました。
 ボール投げをすると何故か吠えます。
 一緒に遊びたいのかな?

 カメラを向けられるのが好きじゃないポッキーです。
 でも、この2枚は奇跡のようです。
 オスワリでカメラ目線。
 グッと近づいてもそのまま撮らせてくれました。

 ポッキーらしい写真が撮れて嬉しいです。





 
2010年03月10日(水) No.25

たくさんのお友達




 今日はとても良いお天気でした。
 気温が高かっただけでなく風もなかったので、絶好のお散歩日和。
 いつもの時間帯に、たくさんのワンコが来ていました。
 まるでドッグランのようです。
 
 お散歩に慣れてきたポッキー。
 アスファルトの歩道や路地ではリードを引っ張ったり勝手な方向に行くこともなく、仮ママの歩調に合わせて歩くことが出来るようになりました。
 でも広い河川敷では、歩くのが楽しくて仕方がないというように跳ね周ります。
 芝の上は走り回っても足にも気持ちいいのでしょうか?
 道路を歩く時と、顔つきまで違うんですよ。



 みんなに一斉に挨拶されると、まだ逃げ越しのポッキー。
 今日はたくさんのワンコと鼻で挨拶しました。



 何度か会っているトイプーには、お尻挨拶もOKです。

 「慣れて来たね。」とみんなに言われます。
 いろいろな事を覚え、本来の性格が現れるものも近いような気がします。
 
 
 



2010年03月05日(金) No.24

ポメラニアン気質




 お散歩で毛並み自慢のポメ君に会いました。
 もう少し暖かくなったら、ポッキーをシバ犬カットにしたいと密かに考えているのですが、このポメ君を見ると、ロングヘアーもいいなぁ〜と思うんですよね。
 
 人大好きポッキーは、ワンコが苦手です。
 自分よりも小さなトイプー、チワワでも、側に来られるとリードを目一杯引っ張って<来ないで来ないで>と逃げ回ります。

 初めてのお散歩の時は大変でした。
 何しろ先住犬をも避けていたので、2匹のリードは出来るだけ離さなければいけません。さらにポッキーは前後左右と自由勝手気儘に走るので、リードは絡まるし足は踏みそうになるしで、いつもの数倍疲れました。
 おまけにすれ違うワンコたちが新顔に興味津々。挨拶をしたがって寄ってくるので、ポッキーは必死になって逃げなければいけません。
 <な、なんだよ。寄って来るなよ。来るな。来るな。来ないで、来ないで、来ないで!>

 でも、少しづつ慣れてきています。
 初めて自分から近づこうとしたのがこのポメ君です。
 
 ポメ君のお宅では先代もポメでしたからポメラニアンをよくご存知です。 
 ポッキーの様子を見て言われました。
「ポメラニアンは用心深くて、警戒心が強いから、初対面ですぐに飛びつく事はないですよ。体重もポメの適正だし、この子はポメラニアンですよ。」


 
 良かったね、ポッキー。
 ミックスという疑いもあったけど、これではっきりしたね。

 この尻尾のフサフサは、毛並み自慢のポメ君にも負けてないよね〜









2010年03月04日(木) No.23

トイレ




 こんなに落ち着いて座っていられるようになりました。

 ほとんどしつけの入っていないポッキーですから、預かり家は責任を感じています。
 今一番厳しく注意しているのは、子犬特有の甘噛みです。
 食べ物をもらえる大好きな手にじゃれ付き、美味しい味でもするのかな?
 指を噛み噛みしてしまいます。
 いけない事だと分かりかけてきていて、叱られると上目遣いで舐めてきます。
 悪戯で物を齧るという事はしません。

 我が家のしつけの基本は。
 トイレとお散歩マナー、他人(他犬)に迷惑を掛けない、体重管理。
(かなりゆるいねぇ〜)

 トイレは完璧に近いです。驚くほどの早さで理解しました。

 ポッキーは自分で先住犬のペットシーツを見つけ、それからはそこが自分のトイレだと決めました。
 長時間のお留守番で、ペットシーツに上手に2,3箇所オシッコの跡があった時には、「ポッキー、オリコウさ〜ん!!」と仮ママに羽交い絞めされたのでした。
 
 まだ回数が多いので、食後以外のウンもチーも不定期。
 でも、気づかないうちにシートの上にしてくれているので、本当に助かります。

 


 どうです?
 お兄さんぽくなったでしょ?


2010年02月27日(土) No.22

順応性あり




 子犬の順応性の高さには驚くばかりです。
 もうすっかり我が家のワンコです。

 最初は部屋の隅に置いたベッドにひっそりと眠っていました。
 上の画像のように。

 先住犬が怖くて、少しでも近づいて来たらスタスタと逃げなくてはいけないから、落ち着いて寝てもいられません。
 オモチャをくわえて遊ぼうと誘う先住犬も、近づくと逃げられるので、この子は遊び相手じゃないと気づき、今では無視です(笑)
 


 少し慣れたらソファの上で寛げるようになりました。

 子犬特有の無鉄砲さには、驚きと時には笑わせてもらっています。

 屋根のないサークルは、ジャンプで飛び出てしまいます。
 危ないのでサークルのドアは外していまいました。
 お風呂場が何故か好きで、フタの上に乗ってしまいます。
 フタが落っこちて溺れる可能性もあるので、お風呂場には出入り禁止です。
 スイッチが入ると激しく走り回るので、あちこちにぶつかっています。
 「痛くないのかなぁ〜」と呆れるのは、息子です。



「さっきまで動き回っていたのに?」

 スイッチが切れたようにパタンと眠ってしまいます。
 慣れてきたからでしょうか、熟睡します。物音がしても起きません。
 
 仮ママがイスに座ると膝に飛び乗ってきます。
 そして、上の画像のように寝てしまいます。
 何をしても起きないので、この時にブラッシングしたりするんです。
 今度、ヘアーカットに挑戦しようと考えています。

 無謀かしら???
 

 
2010年02月26日(金) No.21

教えその ⇔簑庫。




 迷子犬だったポッキーは、きっと、空腹で歩き回っていたのでしょうね。
 
 来た当初は食べ物を探し回るように、顔はいつも下を向いていました。
 何か落っこちていないかと、クンクンクンクン。他のどんなものにも関心のない様子でした。
 
 驚いたのは冷蔵庫。
 開けると飛んで来て、前足をしっかり冷蔵庫の下段に乗せ、一緒になって中を覗き込みます。
 始めは可愛くて笑っていたんですけど、これはよくないですね。
 そそっかしい仮ママですから、ドアを閉める時には細心の注意を祓わなければいけません。足を挟んでしまいそうです。

 教え、その
 <冷蔵庫を覗いてはダメよ>

 食べる事が何よりも好きなので、食事のしたくが始まると興奮してジャンプ、ジャンプ。
 でも5日目の今日は、ちょっとだけでもお座りして待つことが出来ましたよ。
 食べる直前は、お座りできるようになっています。腰は浮きそうで、目がランランと輝いているのが、笑っちゃうところです。

 食べ物に従順なので、これからのしつけはしやすいでしょう(笑)


 
2010年02月23日(火) No.20