預かりワンコと わん・ツー・ステップ♪  [ Perro Dogs Home 預かり日記 ]

パテラとコルク


和室以外はいちおうフローリングの我家。
今回、ピッピをお迎えするにあたり、コルクシートを全面的に敷き詰めました。

コルクシート、ワンコが粗相をしても部分的に外してお掃除できますし、
肌ざわりもよくて、うたた寝するにも快適ですし、
なんといってもあたたかいですし、
一石二鳥三鳥です!

当然、費用は発生します。
爪に火を灯し、蛍の光や窓の雪で勉強している、エコロジカルな(?)仮ママ宅なのに、
なんでコルクに設備投資かと申しますと…。

も、もちろん、さらにエコを推進させるためです!
そして、もちろん、ピッピくんのためであります!

え〜、ピッピくんは、ビビリなお坊ちゃまですが、時として驚くほどに活発。
ゴハンを催促するときなどは、ピョーーンピョーーンと、高ぁく軽やかにジャンプジャンプ!
その高さは1メートルを優に越えるほど。

前回の預かりッコ、ウェスティのハクティも相当なジャンプ力でしたが、
高さではピッピのほうが上かもしれません。

聞くところによりますと、アジリティ(犬の障害物競走)に、パピヨンも結構参加しているとのこと。
そうなんですか!?
パピヨンという犬種は、“貴族の抱き犬”として作られたと聞いていただけに、びっくりです。

しかぁし!このジャンプは、まるでワリバシのように細い足を持つピッピには、かなり危険行為。

実はピッピ、我家に来る直前に、いちど足の間接を外して、どうやらパテラ(膝蓋骨脱臼)と思われているんです。

それは、スタッフが目の治療で病院に連れて行ったとき。
待合室で待っている時に他の犬が入ってきて、滑る床の上を興奮してシャカシャカしてたら、急に腰が抜けたようになって後ろ足が立たなくなってしまったのだとか。
パテラで足が外れたようです。

診察室で台に乗せたときも、ブルブル震えながら立てなかったけど、
先生が入ってきて触診した段階では治っていたとか。
(自分で伸ばしたりして治している??)

スタッフ宅にはもう1ケ月以上いましたが、外れたのを見たのはこのときが初めてだったそうです。

その後はまったく元気だったとのことですが、
滑る床は注意が必要です!!

ということで、コルクシート全面採用となりました。

え?ピッピくん、「ボクを迎えるなら、コルクじゃなくて、レッドカーペットとペルシャ絨毯でしょ?」って?
いやそれは…。
いろんな意味で、無理がございます、坊ちゃま。



※ コルクシートは、こんなのです


2009年12月29日(火) No.65

お坊ちゃまピッピの、左目と「自己完結」


繊細で高貴なお坊ちゃま犬、パピヨンのピッピくん。
一生幸せにしてもらえるご縁があるように、事実をちゃんと書いておかねば!と思います。

●左目の特徴のこと

ピッピの左目は…
1,虹彩が下半分だけ透き通ったようになっています。
2,真ん中に、1〜2ミリくらいの、白い点があります。

紹介文にもありますが(ちゃんと読めってば自分)、注射の時にお医者さんにも聞いてみたこと、書きますね。

1,虹彩の特徴は、遺伝による先天的なものらしい。オッドアイ(金目銀目)のようなもの。
伺ったお医者さんは、他の犬(ペキニーズ?)でも、似たような特徴を見たことがあるそうです。

2,白い点は、カルシウム分の点かもしれない。
日常的に支障はないはず。
万が一拡がってくるようなら、お医者さんに相談を、とのこと。

写真をうまく撮りたいのですが、怖がってなかなかうまく撮らせてくれなくて。


●「自己完結」してしまう時があります

「自己完結」とは?

…ええと、繊細で高貴なお坊ちゃま犬のピッピくんとしては、かなり衝撃的な事実なのですが…

ピッピくん、自分から出た物は、自分で処分すべし!との信条があるのか。

…ウンPを、食べて片付けてしまうことがあるようなんです。


ウサギは、カルシウム補給のために、自らのウンPを選んで食べるらしいし、
ワンコも、餌のニオイが出ていたり、すぐに片付けてもらえなかったりすると、食べて片付けようとする、という話も割とよく聞くのですが、
ピッピくんもそうだったとは…。


現場を目撃した訳ではないのですが、

検証 その1,
初日、夜中にケージでごそごそくるくるしているので(足音が聞こえた)、見たら、ウンPが。そしてそれを一瞬咥えようと…!
でも、「ダメッ!」というと、すぐ離しました。

その2,
もしや、と思い、我家に来る前に滞在していたスタッフ宅でのようすをきいたら、
ウンPの痕跡はあるのに、ブツが見あたらない、ということがあったとか。
でも、踏んだ足跡なのか、食べたあとなのか、はっきりしなかったとのこと。

その3,
今日未明、ケージでまたごそごそしている足音が。
眠い目をこすりながら覗きに行ったら…
やはり、床の汚れた痕跡はあるのに、ブツが無い!
そして妙にオドオドしている本犬。
…間に合わなかったか。orz


たいていのワンコは、朝は「おはよう!出して出して!」と元気に挨拶してくるのに、
ピッピは、毎朝、ケージの奥でオドオドしていて、扉を開けても声をかけてもすぐには出てこないので、妙だな〜と思っていました。

もしや、ケージやサークルでウンPやチッコをしていて、
あるいはそれらを口にしていて
ひどく怒られていたようなトラウマがあるのかもしれません。(/_;)

これは叱っても逆効果で、
ウンPをしたら、すぐに人間が片付けていくことや、
食べないでいたら褒めてあげることによって、徐々に克服していける癖だと聞いていますので、
気長につきあって行こうと思います。

でも、接吻は、当分ご遠慮いただきましょう〜。(^^;)

2009年12月27日(日) No.64

似てる…よね!?




後ろ姿が撮れたので、アップします!
「パピヨン」の名の通り、チョウチョを思わせるかわいい耳。

この子はスタッフ宅で、「ピッピ」と呼ばれてきたそうです。
「ピッピ」…「長靴下の」?? ん〜、それじゃ女の子だし。
お名前の起こりは、何かな?

でも…なんか、この後ろ姿を見ていると、
アレを、連想しませんか…?

あの映画の、かわいらしいキャラクター。

…「グレムリン」の、ギズモ。

…元はかわいらしくて賢いのに、うっかりすると豹変してしまうところまで、そっくり!?

しかも、あの映画って、クリスマスが舞台で、ギズモはクリスマスプレゼントとして、主人公の家にやってきたんですね!

こりゃ〜ますます…(^^;)

※長靴下のピッピ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E3%81%8F%E3%81%A4%E4%B8%8B%E3%81%AE%E3%83%94%E3%83%83%E3%83%94
※グレムリン http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%A0%E3%83%AA%E3%83%B3_%28%E6%98%A0%E7%94%BB%29
※ギズモ http://www.toys.ac/Gremlins.htm
2009年12月26日(土) No.63

パピヨンくん登場


我家に新しい預かりワンコが来ました。
パピヨンの男の子。推定3才くらい。

いやぁ、先代の預かりッコのウエスティと比べると、なんて細くて軽くて華奢なんでしょぉぉ〜!!
壊さないようにドキドキです。

この子には目の疾患があり、我家に来る前にスタッフ宅で治療を受けていました。

疾患と関係あるのか、先天的なのか、専門外の私にはよくわかりませんが、
左目に特徴があります。「オッドアイ」や「金目銀目」のような?三白眼のような??またそれとも違うような??
(目のことは、12/27に追記します)

甘えてくるし、抱っこもなでなでも好き。
でも、嫌なことや怖いことは、歯をむいて「クワーーっ!」と威嚇してきます。
目薬はキライ。
ブラッシングも苦手。

ビビリで神経質・繊細なところと、甘ったれで活発なことろが混在しているようです。

夕方、「ケボッ、ケボッ」とやり始めたので、抱えて流しに連れて行ったら、
なんか吐きました。2僉7僂らいの細長い固まり。
大きさからしで、始めはガムでも丸呑みしていたのかと思いました。
……触ってみたら、やわらかい。
なんと、毛玉です!!おわわ!!
猫みたいに、身体を舐めていると飲んでしまうのかな??

つい、吐いた口元を拭いてやろうとしたら、「くわーっ!」が出ました。
一度スイッチが入ってしまうと、しばらくはダメなんですね〜(汗)
オヤツで釣ろうとしましたが、ガブガブされました(笑)

膝でくつろいでいるときに、耳のうしろの毛玉1〜2カ所はうまく取らせてくれたけど、でもやはりそれ以上は嫌みたいで。
毛が細いから、毛玉になりやすいんですね。

目薬は、餌やりのときに、食べている隙に垂らす感じで、よけられたりもしますが、なんとかやってみました。

でも、今朝、おはよう〜、と声をかけながらケージを開けたら、奥でオドオドしていました。
「怖いヒト」のイメージがついてしまったかも?と思ったけど、知らんぷりして朝食を食べていたら、「僕のは!?」と出てきました。
食欲は盛んなようです。

トリミングしてやりたいけど、年内は満員・年明けもしばらくは混んでいるそうで…。
やっぱ我が子は、年末にさっぱりキレイにしてやりたいですもんね。

信頼関係ができれば、ブラッシングもできるかな??
これからゆっくり仲良くなっていこうと思います。

なかなかじっとしてくれないので、お写真はちょっとお待ち下さいね。

2009年12月25日(金) No.61

ハクティ、卒業


ウエスティのハクティ、神奈川のSさまの子になることになりました。
名前もそのまま「ハクティ」。
Sさま、ご家族の皆さま、犬友の皆さま、ハクティをどうぞ末永くよろしくおねがいいたします。

陽気で、はっちゃけていて、好奇心いっぱいで、いたずら好きで、ガウガウッコで、甘ったれのハクティ。
ウェスティという犬種の魅力を、教えてくれたように思います。
一緒に暮らせてホント楽しかった。

この子には多数のよいお話しをいただき、でも、1頭しかいないハクティ…。
私どももとても悩み迷いました。

ハクティの幸せを願い、手を挙げて下さった皆様、心より感謝いたします。
皆様にもよりよいご縁がありますように、お祈りしております。

応援してくださった皆様、どうもありがとうございました。

2009年12月24日(木) No.62

続々 ハクティとガム


ガムの後日談。

大きいガムを噛むと、喉が乾くらしい。
ハクティの水飲みは、フライング気味だ。
継ぎ足した水入れをもっていくと、サークルにセットする前から、顔を突っ込んでくる。こぼれるってば!

いっぱいかじって、たっぷり飲んで、ぐっすり睡眠。
すっきりお目覚めのその朝に…

散歩に連れて行こうとしたら、ハクティが玄関じゃなくて、洗面所にダッシュした。
覗いた仮パパの耳に聞こえてきたのは・・・水音。・・・ハクティの足元からの・・・。
洗面所、大洪水。

飲み過すぎたのね〜・・・
ガマンしきれなかったのね〜・・・

でも一応、フローリングや敷物の上じゃなくて、洗面所だったのは、せめてもの知恵??(^_^;)
2009年12月02日(水) No.58

「ハクは見かけによらない」


「人は見かけによらない」という言葉がある。
色々な意味で使われる言葉だけど。

ハクティは、カワイイわんこだ。
散歩に行っても写真を見せても、幼稚園児から女子高生、女子大生、ご婦人、年配者、様々な方に、「ワンちゃんだ〜♪」「カワイイ〜〜っ!」「縫いぐるみみたい〜!!」とお褒めの言葉をいただける。

そう言っていただくたびに、嬉しく微笑みつつ、毎回思う。
『カワイイけど、それだけじゃ〜ないんですよぉ・・・!!!』

ハクティが来てから、フローリングはキズだらけだ。
立ち上がってドアをガリガリガリガリひっかくので、ドアのパッキンはボロボロ。
リビングのドアにも体当たりするようにひっかくので、そのうち割れるんじゃないかと本気で心配している。

寝ころんで「撫でて」と催促するので、傍らに座ってお腹を撫でてやると、必ず甘噛みにつながる。
油断すると、こちらの太ももや腕など、柔らかくて痛いところにかみつくし(イタイんだこれが)、
どさくさに紛れて、家具の脚やコルクシートの端やカゴのふちや・・・いろいろな物をかじる。

びょんびょん飛び上がってテーブルのものを取ろうとするし、(かなり届くんですこれが)
テーブルクロスをくわえてひっぱって、その上のものを一緒にせしめようとするし、
バリケードはカンタンに突破するし、
人間の手元から何かが落ちたらダッシュして飛びかかるし。
脱いだ靴下も、使った軍手も、風呂場の石鹸も、彼にとっては、すべてのものが、くわえるおもちゃ。
有り余る好奇心と強靱な下半身のバネには、目を見張るものがある。

遊びにも全力投球。
だからこちらも時には出血は覚悟。
おもちゃを噛もうとして、こちらの手や腕を噛んでしまうこともあるのだ。

そして、
朝のあいさつも、夕方の「お帰り!」も、「遊んで!」も、「お腹空いた!」も、表現はいっしょ。
後ろ足で立ち上がって相手にとびつき、前足でバリバリひっかくこと。

なので、風呂上がりなどは隔離しておかないと、こちらの腕も足もミミズ腫れになる。
もちろん、彼を風呂に入れるときも要覚悟。
・・・ミミズ腫れ、なんて単語、何年ぶりに思い出しただろう。

たいてい、「ゴラッ!!」と叱ると一瞬辞めるけど、ほんと一瞬。
「オスワリ!!」ときつく言うと、一応座るんだけど、ほんと一瞬。

5秒後にはまた立ち上がって、びょんびょんはじめる。

家族に言われた。
「・・・一日に、何回くらい怒ってる?」

う〜ん、百回くらい?

もちろん、ハクティは、とってもカワイイわんこだ。
でも、それだけではナイのだ。
2009年12月01日(火) No.57