預かりワンコと わん・ツー・ステップ♪  [ Perro Dogs Home 預かり日記 ]

可憐なる!?かんたんクッキング for WANKO!!


(21日より続き)

ベ○ピがちで、雑草を食べたがるカレンのために、
かんたんクッキング for WANKO!とあいなりました。

小松菜、とりササミ、にんじんを、一口大にカットして水煮し、ささみの煮汁をすこし加え、ドライフードにかけて、冷めたら(指で押してみて熱くなければ)できあがり。

(小松菜、とりササミ、にんじんは、減農薬のものなどが手に入ったら、少し多めに水煮しておき、冷めた後、それぞれジップロックなどに入れて平たくして冷凍しています。
煮汁も冷めたら製氷皿に入れて凍らせ、同じようにジップロックに入れておきます。
そうすればえさやりのまえにひとかけらずつ取り出して、レンジで10〜30秒程度温めれば、ドライフードにトッピングできるので便利です。)

においがいいのか、カレンさん、よろこんでいます!
「カレン、ハウス!」でサークルに飛び込む仕草も、だいぶ板についてきましたね。
ときとぎ興奮して、せっかく入ったサークルからまた飛び出たりすることもありまますが、
やはり食べ物がらみのコマンドは、効果が大きいようです。

そして仮ママ、お皿を手に持ったまま、「カレン!待て!」の号令をかけます。
でもまだ興奮していて、じっとしないカレンさん。
うーん、待て、より、こっち↓のほうがわかりやすいのか、
「カレン!オスワリ!」と言いながら、仮ママが手のひらをくいっと下げてみせると(<「ちょっと奥さん!」風に・笑)、
考え考え座るようになってきました。

すかさず、「イイ子だね〜!よし!」とお皿をおいて、サークルの扉を閉めてやります。
サークルの扉が閉まってもいいことがある、と思えるように。

さてカレンさん、まずはササミにいきました。ササミはたいていの犬が好きなようですね。

そして外では道草食ってたくせに、はじめて見た物には慎重なのか、
小松菜をよけてお皿の外に置き、ドライフードを食べようと。(苦笑)

ちゃんと食べなよ〜といいつつおさらにもどしてやると、完食しました!


実はカレン、水の飲み方やフードの食べ方は、あまり上手ではありません。

水は毎回はねかして、まわりの床が少々濡れますし、
フードは、ひとくちクチにいれてから床にぽろんと出し、そこから拾って食べようとします。

これで困ったのは薬のあるとき。
ドライフードと混ぜて食べさせようとしても、床に落とした時点で選別することが。

でも、
拾ってはお皿に入れ、拾ってはお皿に入れ。
またはドライフード数粒と混ぜて、手のひらで包むように鼻先に持っていき、よく見えないうちにイキオイで食べさせる。
これを何度かくりかえしていればクリアできました♪


↓カレンのシッポは、にんじんシッポ。
根元が太く、先端が細く、ちょろりっと曲がっています。



これを高速運動させると・・・写りませんね↓ (^^;)





2009年04月22日(水) No.32

可憐なる大小事情(お食事中の方はすみません)


カレン、
撫でていると自分からお腹を出したり、目が合うとシッポブンブン振ったり、
我家にだいぶ慣れてきてくれているようです。

来て間もない頃、いちどだけ、人間のうたた寝用布団でチッコしてしまったことがありましたが、
現在、トイレはシートできちんとできています。
たまにはみ出してしまうこともありますが、ほぼイイ感じ。
しかも、シート(新聞紙1面の大きさ)の真ん中でしたら、つぎは隅で、そのつぎは逆の隅で、など、
シートの経済的な使い方を心得ているかのような位置決め!すばらしい!

した後は毎回、褒めてもらおうと待ちかまえています。
「ああ〜ちゃんとトイレできたの〜!カレンはいい子ねぇ!!」となでなで。
なでなでが足りないと、ハナを私の手の下につっこんで、さらに催促されます。
毛質のためか、前回のローズ(クレア)ほど水滴がたれたりはしませんが、一応おしりをふいてやります。

BUT,我家に来たときから、ちょこちょこトイレする子だなぁと思っていたら、膀胱炎気味だったようです。
チッコにちょっと血がまじることがありました。または、シートに行ってかまえていても、ほとんど出なかったり。

それから、朝食前にちょっと吐いちゃったことも。

心配になって
スタッフ氏と相談し、獣医さんに聞いてもらいました。
「元気で、食欲もあって、下痢もしていないようなら、様子を見ましょう。
手術の後の抗生物質も飲ませているので、それが膀胱炎にも効くはずだし、
吐いたのはその薬で胃がすこし荒れてしまったのかも」
とのこと。

そういえば、人間もお医者さんから薬をもらうときは、胃薬も一緒に処方されたりしますもんね。

おかげさまで、その後血がまじることはなくなってきたようです。

うん○は、だいたい、朝ごはんの前後と、夕方の2回。
なので午後からのお留守番には要注意。本犬、意図せずともサークルの中で菊練りしてしまうこともあります。(^_^;)

でもたいてい、堅くてころころしているし、
あいかわらず道草を食いたがるので、これはお野菜と繊維質が欲しいのかも!と思いました。

そこで・・・(続く)


2009年04月21日(火) No.31

可憐なる抜糸!?


カレン、おかげさまで無事に抜糸が済みました。

前回ローズのときに、コパンスタッフお二人に実演していただいたので、
今回は自分たちで挑戦!!

家人に仰向けに抱えてイスに座ってもらう。
何をされるのか!?と目をむいてお腹を見ているカレン。
私もドキドキ。
緊張をほぐすために、なぜか落語、というか小咄をはじめる家人。(^_^;)

片手で1本ずつ糸をつまみ、
もう片手で化粧用ハサミ(先が曲がっていて細くなっているハサミ)を持ち、
刃先を糸とお腹の間に慎重にいれて、ぱちん!とカット。
切ったらそっと糸を抜いて、抜けない分は毛抜きで抜いて、おしまい!

はぁ〜緊張しました。
家人どの、ご協力ありがとう!
2009年04月17日(金) No.30

カレンのマイブーム


カレンという名前は、初対面のインスピレーションでつけましたが、
可憐な女の子という意味にもかけています。

そんなカレンのマイブームその1(?)は、お散歩で道草を食うこと。

えっと、寄り道・・・もするんですが、
文字通りの道草食いもします。

公園の草地、熱心に匂いをかいでいるな〜と思ったら、
スズメノエンドウの葉っぱを口でちぎってカミカミ。


ううう〜、ベジタリアンは健康的で結構なこととは思いますが、
外で変なものを口にする習慣がついては困るので、やめさせました。

それから、カレンのマイブームその2(?)は、
誰もいないお風呂場にこっそり忍び込んで、床の水をなめること。

初日に気づいてやめさせましたが、彼女は次の機会を虎視眈々と狙っています。

でも、
脱衣所に進入した時点で、「カレン!」と1、2回呼び戻すとだいたい戻ってきます。
戻ってこない場合は、ちょっとドスの利いた声で「カ〜レ〜ン〜!」と呼べば、あわてて戻ってきます。

可憐な女の子として・・・それって、どうなんでしょう (^_^;)

ま、見た目は十分可憐だけどね!
「えへっ♪」とでもフキダシをつけたくなる笑顔がチャームポイントです↓




2009年04月15日(水) No.29

カレンの基本情報!


カレンの写真がHPにアップされましたので、
基本情報一覧をこちらにも載せてみますね。

【基本詳細情報】

申し込み番号 127c
犬種 ミニチュア・ダックスフンド
性別 ♀
年齢 推定4〜5歳

体高 20cm

医療
・不妊手術
・混合ワクチン接種 (8種)
・検便 (−)
・フィラリア抗原検査 (−)
・マイクロチップ装着

【上記に加えて、預かり家でプラスα〜】

・体重 ・・・預かり家が量ったときは、約4.95圓任靴
       ・・・適正体重4.5圓鯡椹悗轡瀬ぅ┘奪斑罅^^;)

・バスト・ウェスト  約40(^^;)
(・・・犬のお腹ひきしめって、どうやるんでしょう?
犬の腹筋運動?? コアリズム For Dogs??? 見たことないよね・・・)

・トイレ 今のところ室内派

・お散歩 今のところ、ゆ〜っくりと歩くのが好き。ペースが合わないと、立ち止まってしまいます。

・お散歩で会うワンコとは? 
吠えてくる相手はやりすごし、好意のありそうな相手にはゆっくり近づきと、
今のところ、割とそつなく挨拶できるようです。
でも、ときどき、相手がうなっているのに座ってじっと見ていたり、相手があいさつしようと近づいてくるのに適当にやりすごしたりします。相性があるのかな?

・お散歩で会う他の人とは?  今のところ吠えませんが、まだ未知数です。

・お留守番 
まだ未知数ですが、今のところ、サークルで吠えまくり、吠え疲れたら寝る?

・睡眠時 ひとりでサークルに入れられると、しばらくはワンキャン吠えます。

・コマンドやしつけ
「待て」「座れ」「ハウス」などは、まだほとんどできません。これから少しずつ勉強しま〜す。
2009年04月14日(火) No.28

カレン登場


先日より、我家に新たな預かりワンコがやってきました。


搬送スタッフの持つカゴからひょっこり出てきたお顔は、
2代目のさくらに似て、
ほっそり小顔の美人系。

つづく身体は・・・

赤茶色のくるくるした毛並み、ウエストのないどっしりまっすぐな体型、
まるで製材所に並ぶ杉の丸太のようです。
手術したばかりのお腹も、ホルスタインを思わるふくよかさ。

つまり・・・ちょい・・・メタボ。(^^;)

今回も顔を見てのインスピレーションでつけた、仮の名前は「カレン」。

・・・一瞬「メタボン」とか「マルタン」とか呼びたくなったことは、本犬にはナイショです。

お顔に似合う、ナイスバディになれるように、いっしょに楽しくお散歩しようね!

2009年04月13日(月) No.27

ローズ、卒業


おかげさまで、ローズは我家を卒業し、ローズを心待ちにしてくださっていた新しいご家族に迎えられました。
応援してくださった皆様、ほんとにありがとうございました。

T様、どうぞローズをよろしくお願いいたします。
わんこと暮らしたくてがんばった小学生のお姉ちゃん、
そのお姉ちゃんのがんばりを見守ったご両親、
T様ご一家なら、きっとローズを幸せにしてくださる事と思います。

ローズ、おめでとう。
分離不安とも、これでようやくじっくりむきあっていく場所ができたね。
仮ママ仮パパは、ずっとあなたの幸せを願っています。

新しいお名前は「クレア」。
・・・やっぱり小悪魔ちゃん系!?
2009年04月12日(日) No.26

穴の中の・・・


ローズはダックスフンド。(<もう耳タコだって!?)
ダックスフンドとは、穴の中のアナグマを狩るのに使われていた犬だとか。

当然、何かに潜るのが得意。

よって、だれかが毛布でもかけて、うたた寝していると、その中に潜り込むのも得意。


・・・そして、いちど潜ってしまうと、一見どこにいるのかわからなくなります。


ローズの骨盤骨折の形跡は、獣医さんの見立てによると、交通事故などではなく、人に踏まれたようなことが原因ではないかと言われています。

人にくっついて歩くので、それは注意しないと、と思いましたが、
布団や毛布にもぐったら、さらに注意が必要みたいです。(^_^;)
2009年04月03日(金) No.25

カフェデビュー、そして勝手にアジリティ


ローズ、先日お散歩の際に、カフェデビューを果たしました!

犬も店内OKのカフェ。
初めてのお店で不安もあるのでしょう、飼い主がイスに座ると、「膝に乗せて!」とちょっとぴょんぴょんするけど、
「待て!だよ」と言い聞かせると、一生懸命座ってこちらを見上げます。
お店の方に「おとなしいですね」と言っていただきました!やったね♪


反面、猟犬の血が騒ぐのか、
お散歩の際の見通しのいい道は、たとえ初めての場所でも、走りたくてうずうずするようで、
「わふ?わふわふぅ〜!」と身をよじって声が出ちゃう。

こちらも身構えて、リードや荷物を持ち直し、
「んじゃ走るよ・・・ヨーイ、ドン!」でダッシュ!

ローズ、走る走る!!
さすが猟犬、飛ぶように走る!
こちらも全力疾走しないと、とても対抗できない程のスピードです。

適当なところでスピードを緩めて「はいおしまい〜」。

気をつけないとこっちの身体が持って行かれそうなくらいのパワーなので、
安全な道で、チカラのあるかたにお願いしたい役です。

そうそう、最近は家族の帰宅に興奮して、玄関に至るバリケードをむりやり飛び越えるようになりましたので、
これも注意が必要です。

ダックスは腰のことを考えると・・・アジリティやフリスビーはムズカシイのかな?


2009年04月02日(木) No.24