cafe MOCHA  [ Perro Dogs Home 預かり日記 ]

負けないよ。


気持ちの良いお天気が続いていますね〜

明朗快濶なピノも
毎日元気にお散歩、ご飯、まゆごもりとジャンプを楽しんでいます♪

さて
ただ元気なだけでないピノ。
テンションがぐぐーんと上がるのがおもちゃをゲットした時。
ボール遊びはもちろん
ぬいぐるみや骨こん棒もダイスキ♡
小さなお口を精一杯開けてしっかり掴みます。

我が家では元気なピノが暴走しないよう
おもちゃはヒトの管理下で、楽しく遊んでもらうようにしています。
そのシステムを理解してくれたからか
見慣れたおもちゃだから執着心が薄れたせいか
クールに手放すことが出来ます。

が、しかーし!
お初のおもちゃ、おもちゃでないのに面白そうなもの
(だって、どれがおもちゃかなんて解りませんよね)
ぽろっと目の前に落ちてきた個包装のお菓子(おもちゃな上にオイシソウな香りつき)や
お散歩後、出しっぱなしのリードについていた夜用ライトを見つけて
思う存分噛み噛みしていたのにいきなり取り上げられた時。

ピノは全身で抵抗します。
咥えて離さない上、唸り歯をむきます。
しつけの問題だけでなく、これを飲み込んだら大変なことになりますので
断固阻止しなくてはなりません。

その時活躍するのがこれ



皮の手袋です。
まあ、一般家庭ではあまりお目にかからないかもしれません。
その昔、預かり4のクラウドのために
別のスタッフさんからお借りしていたもの。
ずっとお蔵入りだったんですが
今回陽の目を見ることに‥(^^;
お蔭で大事に至ることもなく、健康を維持し
取られてしまえばケロッとしているピノ。

とはいえ
その他、一応ソファのテーブルの上にあった
でもピノの視界にはしっかりと捉えられる
預かり息子のイヤホンや仮ママのメガネフレームは
知られることなくおもちゃと成り下がり
ピノの餌食となったのでした。

これらは破壊されただけで残骸がしっかり残っていました。
もしかしたら
食べ物ではないので、ヒトに取られると思わなければ
飲み込むことはないのかもしれませんが
ずぼらな預かり家
本当に注意しなくてはいけません。

噛み噛みファイターと上手にお付合いしたいものです。


ピノ「これは噛み噛みしても叱られないんだー。なんでかな?」

2014年04月28日(月) No.152

メリハリ


いざという時は。。


憎いあンちくしょう♡


映画『憎いあンちくしょう』をご存じでしょうか?
仮ママの年齢がわかるって?
‥一応生まれる前のものではあるんですけどね(笑)

裕次郎さんの映画だったかと思います。
タイトルからも想像できるように
これは本当に憎い訳ではなく愛おしいことですよね。

ピノはまさしく愛おしいギャングです。
我が家に来た当初
「オラオラ〜、やったるで〜」的な言動でした。
常にハイテンション、売られたケンカは必ず買います。
売られてなくても一発触発オーラ全開で
例えば
庭に出すと春を迎えて一気に芽吹いた雑草でさえ狂ったように食んでいました。
(当たり前ですが、その数十分後全部お戻しになりましたが(^^;)

そう予想もしていたので
初めは室内フリーでも常にリード、家族にも
「身勝手な振る舞いはリードで指導すること。
おもちゃで遊んでも最後は必ず人間が取り上げること」
をモットーとして
甘えることといけないことはしないことの区別をしっかりとつけようということになりました。

ただ
ピノはただのオラオラ気質と言う訳ではなく
最初から、リードや『オスワリ』『マテ』のコマンドでちゃんと出来る素晴らしさも持ち合わせていて
おまけに人間の気持ちを読み取ることも出来るので
「いけないんだな」「怒っているな」
と理解すれば止めることが出来ますし
反省しているようにしょんぼりしたりもします。

叱った後
オスワリをさせていたら『オテ』のような仕草をしたのですが
それは、オテではなくまるで
「もう解ったから怒らないでね」と言っているかのような
なだめる様子に感じられました。

もうもう
愛さずにはいられません♡♡

ということで
我が家に来て半月たらずで室内フリーのリードは必要なくなりました。


「ボク、お庭の雑草をみかねて食べてあげたんだもん」
2014年04月08日(火) No.149

まゆごもり


まゆごもり
‥という言葉があるかどうか解りませんが
ピノのその有り様を見てどうしてもその言葉を思い浮かべてしまいます。


我が家に来て初日のまゆごもり


ふだんは飛んだり跳ねたりはしゃいだり、走ったり遊んだり飛んだりの
エネルギッシュなピノですが
朝ごはんも家族の見送りもお散歩も
ついでに合い間のジャンプも程々出来たな〜とか

お散歩も室内ドッグランも夜ごはんもついでに団らんへのお付合いも
そこそこジャンプだって出来たな〜とか
思ってケージに入ると
(自分から進んでってことはありませんけどね)
きれいに包まれてスイッチがoffになります。

あんなに元気だったのに文字通りoffになるんです。
この状態だと周囲でちょっとやそっとの物音がしても
ピクリともしません。


そしてこれが本日のもの。(今のところ大きな変化や成長がある訳ではありませんけど)


onとoffの切り替えがお見事です!
2014年04月05日(土) No.148

何といっても。。