塞翁が犬  [ Perro Dogs Home 預かり日記 ]

バズのショート日記




うちでのバズのちょっと困ったちゃんはホエホエだけです。

要求吠えのようですが、最初の滞在の時にはその要求がはっきりわかりませんでした。
今回観察で↓ではないかと思いました。

「ケージから出せぇ〜」とギャンギャン
出すと「ナデナデしろぅ〜」とゴロンをするので
ハイハイとナデナデしていると、次は「おい おやつは?」
「バズさま 今はおやつの時間ではありません」と言うと
「じゃ 自分で調達する」と室内探索を始めます。

わが家には室内食べ物探し競技では金メダル級の先住♀がいるので、対策は万全です。
まだルーキーのバズはゲットできるはずもなくあきらめてケージに戻ります。



このままケージの扉を開けていても家具などへのいたずらもなく大人しくしていて、おばさんの行動を監視します。

私が忙しそうにしていれば要求吠えもありません。
ここがバズの観察力の鋭い所です。
なので バズ滞在中は家が片付いた預かり家でした。
2013年09月21日(土) No.138

バズのショート日記


バズは7月の末にセンターを出た時に全体の毛を短くカットしました。

汚れがひどくてカットというより丸刈りという表現が適当かもしれません。

だから最初はスムースの子だと思われていました。

個人的にセンターを出た子が丸刈りにするのは好きです。

だって それまでのことをすっぱりとたち切って新しくスタートしましょ という感じです。

失恋したロン毛の女子が髪を短くすることと一緒かな。




それから二ヶ月  思ったより毛の伸びが遅いです。

これはこれで散歩の後のお手入れがラクチンで助かるけど 本当は毛がフサフサのハンサム君だよ。

ダックスといえば耳そうじがもれなくついてます、が大半だけどバズは耳がきれいなんです。

このきれいな耳でおばさんのコマンドも聞きわけてね。



2013年09月18日(水) No.137

バズのショート日記





No347cのダックスのバズが昨日からショートスティです。

7月の末にセンターを出て一週間ほどうちに滞在をしていた時にはホエホエとガウガウで先が思いやられましたが、預かり家でよい子に変身中です。

変身のお師匠さんは先住のワイヤーダックスの妹分です。

人の世と一緒で♀が強い家庭は円満なのだ!



妹分と一緒の時には尾ピーンと上げてプリティなお尻をフリフリして楽しげに散歩をしていますが、おばさんとふたりだけの時には尾がちょっと下がり気味です。

まったくもぅ 内弁慶なところはまだ改善さていません。

そうそう マーキングなしの座りシッコも当初のままです。

こちらはそのままでお願いね。



2013年09月16日(月) No.135