塞翁が犬  [ Perro Dogs Home 預かり日記 ]

スタート




昨年の9月の末にセンターから出てすぐに病院でシャンプーしてもらいましたが、すごく暴れて先生に「もっと人慣れしてから連れて来て下さい」と言われてしまいました。

病院の皆さん すみませんでした。

体に触ると悲鳴のような声を出すのです。

いじめているように思われても困るので、ブラッシングは通りに面した庭でしていました。

それから二ヶ月 ブラッシングと足拭きを頑張って12月に二度目のシャンプーに行きました。

今回は特別なコメントはなかったので普通の保定の範囲内で済んだと勝手に思って引き取ってきました。

悲鳴のような声を卒業したら→唸る→ブラシやコームを咬むと進みましたが、人の手を咬むそぶりはなかったはずです。

私も夢中だったのではっきり覚えてないのです。

そして口の中に指を入れられるまでになりました。

顔を拭くついでにどさくさに紛れて口を開けて歯もゴシゴシするのです
わが家ではそれを歯磨きといいます。

洋服も大丈夫でした。

ようやく普通の家庭犬らしく今年をスタートできた黒部さまです。



2019年01月20日(日) No.250

見えてるらしい




センターから出た当初のころは本当に真っ白だったし、散歩の時によく段差で転んでいたので見えていないと思っていました。

それは環境の変化の不安からバタバタ、ワサワサと落ち着きがなかったのかもしれません。
見慣れただけかもしれませんが少し白さが薄くなったようにも見えます。

耳はかなり不自由そうですが犬笛には反応すます。

聞こえないので警戒吠えはまったくなく『ご飯が遅い』『シッコが出るぅ〜』の時だけワンワンします。
『ウンコ出るぅ〜』の時も吠えてくれたらいいのにね 黒部さま。


2019年01月07日(月) No.249

今年の運は





明けましておめでとうございます。

シニアのたしなみでボクも一句

『初日の出 去年のなごりで ユル運だ』

今年は固い固い赤い糸の運が来ますように!!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ワイルドな顔に似合わずお腹は繊細らしい黒部さま
ようやくウンのタイミングと食べ物とウンの状態の関係がわかってきた12月の下旬、クリスマスだね、もうすぐお正月だね、と浮かれておやつとトッピングの肉を増やしたら元旦丁度初日の出の時間にウンをしてました。

しっかし 黒部さま 進歩していました。
それは 床の上のベットから降りて玄関のコンクリの上に敷いてある毛布の上にして、端を折りたたんで隠していました。
マナーも取得ようです 偉い さすが黒部さま!です。

新年早々 ウンの話で申しわけなかったです。
どうぞ今年も黒部のウン&運の話にお付き合い下さい。

2019年01月03日(木) No.248

がんばった黒部





私が中型の♂を預かった時の一番注意することは逃がさないこと。

二番目も三番目もこれで、四番目くらいに人を咬む状況を作らないことで、中型♂は外排泄と決めているので排泄はランク外が多いのです。

それが今回は排泄をランク内に入れてみました。

シッコは散歩の時に座りシッコを一度だけでマーキングは無しです。

ウンはまったく不定期でタメにタメて我慢できなくなった時に出すという感じです。

タメておくからユル便が多いです。

昼間外で過ごす子は夜は玄関を上がったケージの中で食事と就寝です。

黒部は床で過ごしたことがないようで床の上を歩けないのでコンクリの上に毛布を敷いて寝かせました。

黒部にとって玄関のコンクリの上が大事なベットでケージのある床の方が排泄場所になりますね。

夜中に床に上がってユル便をします→うまく歩けないので転んでしまう・・
ウンまみれの黒部と夜中に外水道を使うおばさんに同情して下さい。

ケージを撤去して、ウンのタイミングを観察して、玄関に換気扇をつける計画もやめて、二ヶ月以上かけて写真のような状況にまでになりました。

がんばった黒部&おばさんでした。

2018年12月21日(金) No.247

よろしく‼





初めまして黒部(クロベ)です。

若い時はハンサムだったと想できるシニアのミックスです。

この元ハンサム(もとい預かり家欲目では現在もハンサムと思っています)おじさま犬は自由に仲間とワイワイと時を過ごしていたようです。

それがこの歳になってなぜひとりぼっちになったか非常に気になるところですが、まぁこうして仮だけど預かり家の仲間になったんだから仲良くやりましょう。

さてさて黒部おじさま 仮家には色々とルールがありまして一番先に覚えて欲しいのは『座れ』でございます。

一瞬芸だけど出来た  やるね元ハンサムボーイ!!




2018年12月20日(木) No.246

ハッセのつぶやき




こんにちは  165cの出戻りハッセでございます。

おばさんが「まぁまぁ出戻りって、そんなに自虐的にならなくても」って
なぐさめてくれるの。

全然自虐的になんてなっていませんことよ。

人間だって出戻った話 日常茶飯事に聞きますでしょ。

人間は自分の意思で出戻るかどうか決められるけど、神様はワタシ達犬にその決定権を与えてくれなかったの。

そのかわり与えられた場所であまり悩まないで過ごせる能力を授けてくれたと思っているの。

ちょっと小耳にはさんだ話では飼い主が気に入らないと逃げ出して行くというプライドの高い犬種もいるらしいけど。

ワタシ プライドを持ち出すほど利口でなく、若くもなく行動力もないので、ここんちでユルユルと老後を過ごしますわ。

ワタシがシニアだからって、この昭和チックなカラクサ模様の敷物はどういうことでしょうか。

おばさん!  回答をお願いします。



2018年09月08日(土) No.245

6ヶ月が過ぎて




暑い暑い7月でしたね。

ハッセがあごを乗せているのは牛乳パックで凍らせた氷です。

これはなかなかの優れもので日中一日もちます。




散歩も道路の植え込みの日陰を利用して歩きましたが、8月に入ってからガクンと体力がなくなりました。

夏バテかなと思っていましたが老いたようです。

うちに来て丁度半年 人時間に換算すると2年間です。

涼しい山散歩に連れて行きたいけど、駐車場から砂利道までが坂でその間を抱いて歩かなければなりません。

おばさんもシニアになっちゃってね それができませんがな((+_+))

で クーラーをつけた部屋でゴロゴロの夏でした。




7月11日山散歩 
涼しくなったらおばさんも頑張って抱っこするからまた行こうね。

2018年08月18日(土) No.244

老け役が似合う




うちに来て丁度4ヶ月になり表情も出てきました。

朝夕の散歩の前に庭に出しておくと前を通る人が「ずいぶん元気になったね〜」と声をかけてくれます。

元気というか足取りがしっかりしてきました。

ちょっと体重をおとしたこともありますが、人が歩いても5分もかからないコースを20分ほどかけて朝夕散歩をします。

この時の歩き方がホントに嫌々そうで、農作業に行く軽トラのおじさんがわざわざ車を止めて「そんなに歩かせたら可哀想じゃないか」と言うほどです。

散歩に関してはかなり自己チューで自分が行きたい時や家の中での足取りはまだまだ大丈夫です。

老け役で注目を集めているハッセさんなのです。

食べて



寝て



この梅雨の時期を乗り切りましょう。



2018年06月12日(火) No.243

タヌキコンビだよ




ワンにも人にも気持ちの良い季節ですね。

ハッセはそんな季節のことわかっているのかどうなのか不明ですが、うちに来て2ヶ月半。

耳は聞こえているのかどうなのか、目は見えてないようだし、もともとの性格なのか、不安でそうなのか、それとも年齢からなのか表情が無くて戸惑っていました。

それが最近声をかけると顔をあげてくれるようになりましたし、目も見えているようです。

演技だったのかいな!と突っ込みたくなります。

まぁ 人も歳をとると面倒なことには近づきたくないので聞こえないふりをしたり「それ知らなかったわ」と、とぼける処世術に長けてきますもんね。

自分がシニアになって発見して驚いたことのひとつに『感動が少なくなる』です、そしてその結果表情の変化が小さくなるのですね。

タヌキオヤジと言われる所以は案外こういうことなのかもね。

ハッセもおばさんも♀なのでタヌキばあさんになりますが、タヌキコンビに 5月も良い月になりますように!



2018年05月02日(水) No.242

おかえり!  ただいま!



156cのコーギーミックスのハッセさん

わが家で最後の改名です。

もうどこにも行かなくていいんです。

預かりおばさんと共に&友で悠々シニアライフを楽しみましょう。

この預かり日記は将来の家族のためにワンコの魅力をお伝えするのが目的ですが、その目的がないのはちょっとおばさん気持ちがダウンです。

で 目的を見つけました。

ワンにもヒトにもいずれはみなに等しく訪れるであろうシニア犬とシニアの飼い主の生活をお伝えしていきます。

春を見つけたハッセさん よろしくです。





2018年04月03日(火) No.241