塞翁が犬  [ Perro Dogs Home 預かり日記 ]

’嘶




ハカセは二畳ほどの広さのベランダで昼間は過ごしています。

障子を切って、おばさんとハカセお互いに観察中。

来たばかり時にはとにかく、ここでいつでもシッコ状態でした。

フェンスの扉をガリガリするとか、ヒェーンと声を出すとか、まったくそんなことはなく、スクッと立ち上がった時にはジャージャーです。

そばに水を用意していて流します。

その水は低くなった駐車場に流れるし、この暑さなのですぐに乾くので「ウンじゃないからまぁいいか」と自分を納得&なぐさめつつ、11時頃、2時頃とシッコに出していたら、いつの間にか4時過ぎの散歩まで我慢できるようになりました。

夕方家の中のサークルでもいつでもシッコ状態だったのですが、これは被害が大きいので、サークルの中→夕飯を覚えた後、シッコ→サークル→夕飯を覚えてもらいました。

現在はまったく失敗はありません。

夜シッコは10時頃に出すと、朝まで静かに寝ます。

覚えのいい子なので習慣になれば安心して過ごせます。

ウンは必ず散歩時ですが、先住のボーダーと同じく移動しながらします。

作業犬の習性かなとも推測していますが、この時に下痢やユルウンだと悲惨です。

環境に慣れるまでユルウンの子は多くハカセもそうでしたが、これも時間とともに解決です。

最近は慣れたコースだとマーキングを覚えてしまいましたが、足を押さえて止めさせることもできます。

散歩時の排泄はほぼ決まった場所でします。

その後は散歩三昧のハカセとおばさんです。



2012年08月27日(月) No.120

No. PASS