塞翁が犬  [ Perro Dogs Home 預かり日記 ]

順調に回復


ベリーは先月の中旬に引き出されました。
その後ず〜〜と預かり家で目の治療と歩く練習をしていました。



歩く練習?と思いますよね  
以下の事はあくまでも推測ですが、ベリーは今まで繁殖犬としてケージの中だけで過ごしてきたのではないかと思われるのです。

来た当初一週間ほどずっとずぅ〜〜とケージの中で横になって寝ているのです。
食事の時は一応起き上がるのですがその起き上がり方は、もそもそと後ろ脚を動かしてやっと起き上がるのです。
室内で歩く時もはっきりと股関節か膝関節がおかしいとわかりました。

痛みは無いようなので、まずはセンター収容中に負傷した右目の治療に専念していました。
先週ようやくその眼の治療も点眼だけになりました。
傷が深かったので白く跡は残るかもしれませんが、ちゃんと見えているようで安心しました。



後ろ足の動かし方も含めて、歩く方も順調です。
大概の預かり犬はケージの格子に足をかけて何かを要求しますが、ベリーはそれができませんでしたが、つかまり立ちをしている所を見た時は嬉しかったです。
まだ初心者らしく普通はもう一段上が楽だと思うけどね ベリーちゃん

「これって子供がつかまり立ちした時の感動と一緒だね」と友人に話したら
「ううん 孫でしょ」と即座に訂正されちゃいました・・


2010年08月30日(月) No.56

No. PASS